スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

190

妹兄190

 サイトウは、風に当たってたたずむミィナを見ていた。
「おはようございますオカムラさん」
「あっ、おはよう先生」
「やっと分かりました…」
「…そうですか」
「今、お話ししてもよろしいですか?」
「えぇ構いませんから続けてください…」
「はい…、ユタカさんは、マンションから転落した際に頭を強打し、脳挫傷によるショック死だったそうです、直接の目撃者は居なかったそうですが、直後に近隣の人が救急車を呼んでいたと言うことでした」
「救急治療を行った医師の話しだと、それ以外特に死に至るような症状は見当たらなかったそうです…」
「はい…」
「警察の調べでも事件性は無くて、突発的な体調の変化、眩暈や何かを起こして落ちてしまったのだろうと…」
「たった二階から落ちたんですね…」
『あの手すりは、よじ登りでもしない限り向こう側へ行けるはずは…、ユタカはあそこかを飛び越えて死んだ…』
 ここも二階だった、ミィナは中庭に設置されている変電設備を見つめていた。
「…そうです」
「本当にそれ以外、不審な症状は無かったんですか? 不振な何かを見た人とか、私にあるような腫瘍とかは?!」
「脳外科のつてを使って調べてもらいましたが、それ以上のことは…」
「その時、そのときもう一人はどうしていたか分かりませんか?」
「すいません、そこまではさすがに…」
「この腫瘍は、私にしか無い物なのでしょうか?」
「何も特定できないんです、あなたの症状は説明したとおりの物で…」
「もう一人に会ってみないとですね?」
 ミィナは彼の言いたい事が分かっていた。
「せめてお子さんたちに連絡出来ませんか…」
「…それは出来ません、息子と約束したんです、娘も私を捨てました…、彼への約束は絶対なんです」
「なんて親子なんだ、自分の命と引き換えにするとでも…、あなたは母親だ、母親以外の何者でもないのは分る、でも強い、強すぎるんです」
 思わず本音をもらすサイトウだった。
「先生は独身ですよね? 子供のことなんかお分かりにならないでしょうね…」
▼C.Bに面白かったらぷちカンパ
C.Bに面白かったら。WebMoney ぷちカンパ
▼応援してもらえると、書く気力が沸いてきます。
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へ
にほんブログ村で応援

テーマ : 官能小説
ジャンル : アダルト

191

妹兄191
「ですが命の重さは知ってるつもりです!」
「今日は私もお話しようと待っていました、今日であなたとの契約を打ち切らせてください、ここを出ようと思っています…」
「ば、ばかな! あなたも今も治療を心待ちにされてるはずです」
「私にもよく分からなくなってきてるんです、でも言われてた催眠療法を一度だけ受けてみようと決心しました…」
「そ、そんな勝手な条件なんか付けられても困る、皆を救うと言われていた、あの気持ちが消えてしまったんですか? 私は医師なんですミナヨさん!」
『どうしたらいいんだ…』
 額を手で押さえうつむいてしまったサイトウは、ベッドわきに置かれたゴミ箱にタバコが箱ごと捨てられているのに気づいた。
『先生…、私はオカムラミナヨじゃないんです…』
「退行催眠は一回で済むとかそういうものでは無いんです…、私もこんなことは初めての試みで…」

 外科医としての治療や、研究に手詰まりを覚ていたサイトウは、心理面での調査を行おうと、彼女に退行催眠を受けさせようとしていた、ミィナは分裂した瞬間のことをほぼ覚えておらず、やってみるべきだと彼は考え説得を続けていたが、それが彼女にどんな影響を与えるのか未知の不安は否めなかった。

「だめでしょうか?」
「あなたとは精神治療の先生と同席して、治療にあたるべきだとずっと考えていたんです、外科医に心のケアまでは無理なんです…」
「はい、心の準備はできてます」
「分かりました所詮僕はただの医師、心までは変えられないんです、二時に迎えに来ますね…」
 彼が部屋を出て行くと、ずっと封印していた闇の扉を開くかもしれず、ミィナはこれから起きる事に恐怖を感じていた。
『一人は影、一人は人間…、それとも両方とも化け物…、でも、そんなことはもう…』
 ミィナはうつろな顔に頬杖をつき、静かに目を閉じた。
▼C.Bに面白かったらぷちカンパ
C.Bに面白かったら。WebMoney ぷちカンパ
▼応援してもらえると、書く気力が沸いてきます。
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へ
にほんブログ村で応援

テーマ : 官能小説
ジャンル : アダルト

192

妹兄192
 薄い生地のカーテンがひかれ薄暗くなった部屋、時計は二時半を過ぎ、彼女はソファーに並んで座る紹介された精神科の老医師、最後の説明を受けていた。
「この治療は決してあなたの過去に起きたことを再現できるものではありません、今からやることは、あなたの記憶、夢のようにぼんやりしているものの中から、心に刺さった棘を見つけるための治療です」
「はい…」
 囁くような声は意思のある強い響きで、力を無くした様に横たわったミィナは、すでに催眠状態におちいっていた。
「あなたは私の指示で眠り、私の指示で目覚めます」
「はい…」

 老医師は彼女の瞑った目を開き、ペンライトで瞳孔を照らし状態を再度確認すると、サイトウと問診内容をまとめた幾つかの質問事項が書かれた書類に目を通しながら治療を始め、二十数年前に引き戻されていく彼女は、自分でもはっきりしないその瞬間を垣間見ようとしていた。
《あなたはそれが起こった場所に来ています》
《その場所はどこですか?》
《何をしていますか?》
《気持ちを楽にして、ゆっくりでいいのです。その場に戻りましょうか》
 彼女は確かに睡眠状態に陥っていた。だがその口堅く閉ざされたまま、ただ横たわり眠っているだけ。そして、根気強く同じ質問が繰り返された時、ついに彼女は話し始めた。
《あなたはその時何をしていました?》
「何も…、白いベッド…、寝室で目覚めた…」
《身体的な苦痛や変化はありましたか?》
「うつ伏せに倒れるように寝てる…、何も身につけてない、ハダカ…」
《ベッドで目覚めた後、一番初めに思ったことはなんですか?》
「あぁすごい寝汗をかいてる、凄い衝動に駆られてます…」
《その衝動がどこから来てるのか分かりますか、例えられますか?》
「空腹、孤独、閉塞感、心がからっぽ、欲情してる! たまらないほど求めてる…、熱い! 体がぁあ、ハァハァハァ」
 額から滲む汗を、サイトはぬぐってあげていた。
《そしてどうされましたか?》
「…気づきました、分裂したことに」
《どうして分裂したと分かりましたか?》
「わ分かりません…、でも…、一瞬でそうだと分かりました…」
《そのあと何をしてますか?》
「慌ててます、バッグに私物詰めて外へ…」
《疲れていますか?》
「途方に暮れてます…」

テーマ : 官能小説
ジャンル : アダルト

検索フォーム
カウンター

現在の閲覧者数:
はじめから読んでくださいね

■全ての記事・小説のバックナンバーを表示できます。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
プロフィール

C.B

Author:C.B
C.Bの恋愛官能小説ブログへようこそ。ここは。「ふたりの彼。玩具の私」と、その続編「妹と兄。そして震える母」の書庫になります。

■ご注意:当ブログの小説の無断使用はできません。著作権利は作者C.Bが保持しています。お問合せはページ内にあるメールフォームをご利用ください。

筆者にメール

名前:
メール:
件名:
本文:

 
応援してください
★このサイトにチップを贈る
このサイトへチップを贈る
★ポチッと応援お願いします。
書く気力が沸いてきます。
アルファポリスで応援
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)で応援
にほんブログ村ランキングで応援
ランキングサイト
相互リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
Twitter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。