スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

207

妹兄207
「…答えてもいいけど、どうせ信じないし無理だし、あなたたちはもっと混乱することになる…、もっともっと気が狂いそうになる話しなの…、イチロウさんは本当の私を見ないで旅立って良かったと思うよぉ、そうねあの子、チヒロちゃんが一番可愛そうよね…、こんな私に育てられて…、でも、どうしようもない…、ずっとずっと嘘を突き通してきた私は、今のこの姿がとても気に入っているのぉ、後の事なんかどうでもいい! もうどうなってもぉお!」
「でもね…、一つだけ言ってあげる、私はあなたを殺して自分も死のうとした…、もうずっとずっと昔の話し… ねぇ、この首の傷覚えてる? うふふ」
 ネグリジェをはだけさせ見せる首の根元辺りにある傷。それは昔、もっと生々しかったことを、ユウキはよく覚えていた。
「でも殺せなかった、私も死ねなかった…、分かる? お前に私の苦しみが分かる? お前は私の大事な宝物! そして気が狂っていくようにあなたを愛し始めた…、ユタカを追い出せるのはあなたしか居なかったから~」
「”あいつ”が現れて良かったのよ、だって目を覚まさせてくれたから…、絶対に追い出せないんだってことを! だからその日が来るのを待ってるだけぇ~、くふふふふふふっ~」
 ユウキは猛然とまくし立てるように話す母を見ていた。そして彼女が何か、とてつもない何かに苛(さいな)まれているんだと、事故の時に現れた”あいつは”その引き金を引いただけで、母は自分の中に本物の呪いを抱えているんだと感じていた。
「…あいつ、あいつって誰なの? もういいよ、もうたくさんだ! その印を付けた日に何が起こると思っているの? 全部話してよ!!」
「何が起こるのだろうねぇ うふふふふぅ~」
「あぁああ違う、ちがうちがうんだ! 命日だ! その日はユタカパパの死んだ日だ。そうなんだね? ミィナ!」
 これ以上ない程のチャンスを掴めそうなライブ日と偶然の重なりに気づき、真剣な眼差しの息子をせせら笑うかのように、母は不適な笑みを見せていた。
「あなたが~、あいつぉ~連れてくるのぉ~、もうあまり時間は無い…、あいつは今でも皆を救う気でいる、私には分かる、どんなに離れてても分かる、それを私が分からせてやる! 生きているだけの絶望を!」
「ぁああああ…、ママ…」
「お前はもうここに来なくていい! お前なんか産まなければ良かったんだ! どこへでも消え失せろ! そう消えて無くなるのだからぁぁああああ」
「ミィナ…」
 懇願するような目で母を見つめるユウキ、その秘めた狂気を目の当たりにし、彼女を抱き止めることもできずただ立ちすくんでいた。

テーマ : 官能小説
ジャンル : アダルト

208

妹兄208
 時間がどれくらい経ったのかわからなかった、悲くて切なくて、打ちひしがるままに、ベッドの下でうずくまっているユウキ、狂い、怒りに任せた母の暴言、その全てが嘘だと信じたかった。だが、母の瞳の奥に、いつか見た情景、彼女の悲しげな表情。それが、自分を本当に殺そうとした。それが本当のこと、事実なのではないかと感じてしまっていた。
『なぜ、僕を手にかけるんだ、なぜ…、なぜ…』
 ミィナの話すことは謎が多すぎた。全てが謎に包まれ、子を翻弄していく。

 ミィナは眠ってしまったらしく寝息をたてていた、すると誰かに肩を揺すられゆっくり顔を上げると、腫らした顔で、腰のあたりを押さえ息をするのも辛そうなサワダが、ユウキを外へ連れ出そうとしていたが、見かねたユウキは彼をソファに座らせていた。
「すまなかった…」
 ユウキは相手の顔を見れず、うなだれたままつぶやいた。
「…いいんだ、俺も久しぶりに彼女に会って舞い上がっていたんだよ」
「さっきの話を聞かれたか…」
「…いや、実の所動けなくてな、聞くとも無しに聞こえていた」
「傷の手当てしないと…」
「気にしなくていい」
「本当にミィナの恋人だったのか?」
「あぁ、まさかお前の母親だったなんて…、お前に惹かれたのは歌だけじゃなかったってことだ…」
「すごい昔の話しだろう? 焼けぼっくりに火って言うには、余りにも時間が経ち過ぎてないか…」
「…笑うなよ?」
 腫れているまぶた、皮下出血が紫色に変色した男は真剣に彼を見つめ、
「そんな気力なんか無い…」
 ユウキは力なく言い返す。
「彼女のことは本気だった、だから別れを告げられた俺は追う事もせず去って行った、この性癖が仇になってな…」
「そう…」
「ミィナは必ず良くなる、ミィナが言った”あいつ”が誰なのか分からんがそいつを連れて来ればいい、殺意のような凄まじい情念を開放したがってるんだ…、そしてお前はそれを見守るんだ、何があっても彼女を守るしかない…」
 無言のユウキの手を、力強く握っているサワダ。
「俺は心理学を専攻していたから、人が変わっていく様をたくさん見てきた、彼女は狂ってなんかいない、どうしようもない悲しみが爆発してるんだ、死んでしまった最愛の恋人とお前が重なって、自分を置いて消えた誰かを憎んでもいる、ミィナはお前を見るたび思い出してるんだ、永遠とその事を引きずって生きてきた、お前が苦しいのは分かる、でも、やけになるなよ?」
 ユウキの長い長い沈黙。
「…一つだけ聞かせてくれ」

テーマ : 官能小説
ジャンル : アダルト

作者の呟き2011

2011-11-02
「妹と兄、そして震える母」
ブログ拍手ボタンを外すことにしました。これまで押してくださったどなたかの39の拍手、ありがとうございました。
▼ぜひぜひポチッと応援してください
作者としてはランキングが上がることしか楽しみがありません
書き続ける気力をあなたにもらいたいのです

にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へ
にほんブログ村で応援
▼C.Bに面白かったらぷちカンパ
C.Bに面白かったら。WebMoney ぷちカンパ
----------
2011-10-02
「妹と兄、そして震える母」
まぁ結局の所、直しまくるのは目に見えているので、少しずつアップします、お楽しみ頂ければ幸いでございます。
----------
2011-09-29
「妹と兄、そして震える母」
まだこの話を楽しみにしてる人います? 新展開が膨れ上がりすぎ、辻つまあわせに四苦八苦してますが、以前全部一気に掲載するとか書いてましたが、毎日考えがぶれているのでw もう少し筋がまとまったら少しずつ掲載を再開することにしました…、それがいつになるかは不明ですが、とても長く掲載できそうな予感はしています。
▼ぜひぜひポチッと応援してください、書く気力が湧きますぅ
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へ
にほんブログ村で応援
▼C.Bに面白かったらぷちカンパ
C.Bに面白かったら。WebMoney ぷちカンパ
----------
2011-09-23
「妹と兄、そして震える母」
一応の構成を決めそれを元に膨らませていっている状況ですが、ここも書いておかないとって部分が結構出てきたりで、これまではカウンターを意識して書いたりしてましたけど、自分の気持ち良さを優先させようとしている所です。
----------
2011-09-20
「妹と兄、そして震える母」
続きを一つ上げましたが、連載再開ではないです、これは書いてますよというアッピールになります! 書いてます、書いてます、どんどんどんどん皆さんには申し訳ないような展開になりつつありますが、ははっ
----------
2011-09-13
「妹と兄、そして震える母」
ずーっと書いてます、書いてます、書いてますかいてますシコシコシコシコ… 年内の脱稿を目指し、一気に掲載とか目論んでます! 期待しないでください、残念な結果になるのは目に見えてますから~
----------
2011-09-10
「妹と兄、そして震える母」
今ちょっとだけテンション上がってます、
これしかないっていうラストが書けました!
読んでくれた人がどう思うか分からないけど、
ラストから構築すると言う悪癖が発動してます(笑)
----------
2011-08-31
「妹と兄。…そして震える母」
とりあえず改修作業は終わりましたが、ここからが大変です、ここからが… 既に息が切れてますので、続きはいつ掲載出来るか分かりません、書かないかもしれません、今は何もわかりません(笑) 
----------
2011-08-25
「妹と兄。…そして震える母」
今は何をしてるのかというと、バラバラに散っていた話を、それぞれのキャラクター別にまとめ、適切な時間の流れを作ろうとしています。冗漫な部分や、おかしな所も直してますが、お話の展開としては、もっと冗漫になっているかもです(笑)
見直しが終わったら、やっと続きに着手です…。多分、きっと…。
----------
2011-08-24
お知らせ。
「妹と兄。…そして震える母」
この小説は現在、改稿中です。重複する内容や、切れて読めない部分がありますがご了承ください。
----------
2011-08-16
「妹兄母」小説について
更新しなくなってからすごく時間が空いてしまいましたけど、現在ちまちまと改訂中で、やる気を出そうと奮闘しているところです。アップしてる分を見直せたら、涼しくなる季節に向け、続く話が書けるかも。って思ってます。

「秘密林檎」小説について
なんかコアな読者の方が数名いらっしゃるみたいに感じていますが、今後も長期に渡り更新を停止させていただきます。ごめんなさ~い><;

それでは私から皆様へ
「残暑お見舞い申し上げます」
くれぐれも風邪等お引きにならないようお気をつけくださいね。それでは。
----------
2011-01-25
初めの構想を取り止め、この話の裏テーマがなんなのかを、もっと強調すべく書き進めて行きたいと思っているところです。それと、「秘密毒」小説も2/1に更新が終わってしまいます。どちらの小説も、楽しみにされていた方には申し訳ないのですが、いつか更新されるのをお待ちくださいね。
----------
気まぐれ作者の呟き2011
2010の呟きはコチラ→

■ブログ内に呟きページを作りました。ここで、ぞろぞろとまとめてアップしたいと思ってます。たまにしか更新しないと思いますが。お暇ならどうぞ。

テーマ : 官能小説
ジャンル : アダルト

検索フォーム
カウンター

現在の閲覧者数:
はじめから読んでくださいね

■全ての記事・小説のバックナンバーを表示できます。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
プロフィール

C.B

Author:C.B
C.Bの恋愛官能小説ブログへようこそ。ここは。「ふたりの彼。玩具の私」と、その続編「妹と兄。そして震える母」の書庫になります。

■ご注意:当ブログの小説の無断使用はできません。著作権利は作者C.Bが保持しています。お問合せはページ内にあるメールフォームをご利用ください。

筆者にメール

名前:
メール:
件名:
本文:

 
応援してください
★このサイトにチップを贈る
このサイトへチップを贈る
★ポチッと応援お願いします。
書く気力が沸いてきます。
アルファポリスで応援
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)で応援
にほんブログ村ランキングで応援
ランキングサイト
相互リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
Twitter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。