スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

293

293
▼続きを読みたい方は応援よろしくお願いします
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へ
にほんブログ村で応援

『・・・人の思いは全て脳が作り出している。そして、当事者が見たと言うことを第三者が見えないと反論したところであまり意味を成さない。当人は見ていると信じているのだから・・・。しかし、もし本当だとするならば、何かが足りない、膨大なエネルギーにも似た何かが欠けている・・・、化学反応させるための触媒のような彼女を分裂させた何か・・・、そして、なぜ見合うと双方が死滅してしまうのか・・・、僕の想像力はこれ以上を考えることは出来ない・・・、君のおかげで僕は三文作家になれそうだよ』
 そして考えれば考えるほど、サイトウはある妄想に取り憑かれ始めていた。
『もしドッペルゲンガーが本当のことだとしたら僕はどうする気なんだ? どうするべきなんだ? もしそれが自分の身に起こったら? 僕の世界は一変する・・・、彼女を愛してしまった僕、過去の恋人たちのように彼女と…』
 病院の研究室でパソコンを見つめ続けていた彼は、空になっていたグラスにウィスキーを注ぎ一気に煽ると氷が溶けていることに気づき、冷蔵庫から氷を出しグラスへ転がし入れていると内線電話が鳴り響いた。彼のデスクにはたくさんの医学書や脳についての資料が置かれていたが、その中には安っぽいイラスト付きのオカルト本や、都市伝説を紹介した英語で書かれた文献の様な物も何冊か混じっていて、蛍光マーカーが引かれていたり、付箋が貼られていたりしていた。
『すいませんこんな時間に・・・』
 慌てて取ると神妙な声のミィナからで、挨拶もそこそこに彼女は話しはじめた。
『ユィナが今日一番の飛行機で帰って来るって連絡がありました。そちらへまっすぐ連れて行こうと思ってます・・・』
「良かった本当に良かった。えぇここで待ってますから、はい、娘さんには決して検査の真意を洩らしたりしません。はい、お待ちしてます。おやすみなさい」
 業務連絡のような電話はすぐに切られていたが、サイトウは興奮を隠せずこれでやっと血縁者との因果関係が調べられると、鍵のかかった引き出しを開け、二通あるユィナとユウキ宛ての手紙を手にしていた。手紙はすぐに書き上げていたが、心変わりの様なミィナに止められてしまい入れたままになっていた。
「僕が二人になれたら・・・、もし双方が普通に生きていけるとしたら・・・」
 そしてまた酒を煽るサイトウだった。

テーマ : 官能小説
ジャンル : アダルト

294

294


 アキラはバイトを辞め、飯だけ食べさせてもらえるだけでいいと屋敷の使用人にしてもらっていた。これなら誰にも怪しまれず邸内を探し回ることができると、ヒロミの仕事部屋にも清掃目的で出入りし、当たり前のように金庫が置かれていることを知ったが、彼に金庫破りなど出来るはずは無く、屋敷の人々の行動パターンや監視カメラの位置を頭に入れながら真面目に仕事をこなしていた。



 朝一番に掃除をするのは社長室からだと言い付けられていて、アキラが部屋へ入ると、こんな時間から居たためしのないヒロミが雑務をこなしている所に出くわし、開け放たれていた金庫を覗いたが書類が山積みなだけで、彼女が帰った後、何気に触った金庫に鍵は掛かっておらず、いつでも開けれる書類棚のようになっていることを知り、目的の物はヒロミの部屋にあるだろうと目星を付けたが、女主人の部屋は危険すぎると頭を抱えいっそのこと脅してしまおうかとも考えていたが、
「時間はたっぷりある…」
 早計過ぎると独り言をつぶやいていた。すると花を生け換えに来た個性的な眼鏡をかけたメイドに話しかけられていた。
「この鉢植え幾らすると思う?」
「う~ん、分からないね」
「大事に扱ったほうが身の為だよ」
 と言いながら彼女は、棚の埃を指でなぞりアキラに見せ付けた。
「へいへい…」
 彼女は屋敷のルールから掃除の仕方までを厳しく仕込む新人教育係りで、たわいもない会話を交わす程度の相手にもなっていた。
「ねぇアキラさんって、ユィナ様のお兄ちゃんなの?」
「そうだけど? あぁでも今はもう赤の他人…」
 彼女の戸籍は家主のものへ移っているはずだと、そう答えていた。
「えっ、どういう意味?」
「言葉通りだけど? あと敬称要らない普通に名前だけでいいって前に言ったよ」
「そう? でもなんで使用人なんかになったの? きつい仕事なのに給料も貰ってないって聞いた」
「まぁ色々だよいろいろ、ヒナさんはここ長い?」
「長くは無いよ、シロトさんに比べたら短いみじかい」
「誰? あぁ、いつも車弄ってる運転手の人かな」
「そうそう。私はここ来てまだ三年経ってない、おじさんもうすぐ居なくなるけどね定年で」

テーマ : 官能小説
ジャンル : アダルト

295

295
「ていねん…、じゃー俺も運転手の後釜にってお願いしてみようかな」
「えぇ~? あなたには勤まらないと思うわ」
「ん? 運転するだけでいいなら楽そうだけど」
「違うわよ~、あの人ヒロミ様の片腕なのよ? ヒロミ様の死んだお父様が不動産経営されていた頃からの財務担当」
「『え?!』そうだったんだ…」
 アキラの顔つきが変わっていた。
「なるほどー、元が金持ちでそれに輪をかけて店舗経営で財を成していったのか、そうとうな金持ちだよね、ヒロミさんって」
「そうよぉヒロミ様は運も味方にして成功した人」
「そかぁ、でもあの人の後が決まるまでドライバーも買って出ることにするよ」
「ふ~ん、しおらしいこと言う人だったのね」
「そそ、酷いやんちゃしちゃったからね二回も…」
 そしてアキラは、部屋を出ようとした彼女に言った。
「今度の休み空いてたら飯でもどう?」
「他の子にも声掛けてない?」
「心外だなそれ、誰か呼んでくれたら大勢でも構わないけど?」
「んんん~、ねぇ本当にお兄様じゃないの?」
「お兄様? あぁ、俺はただのクソ貧乏な田舎者…、元妹とは天と地ほどの差が出来てしまいましたよ? きっついなそれ、じゃ」
 落ち込んだように掃除機を掛けていくアキラに、
「違うわ、様付けるなんてずっとメイドみたいだから」
 大きな瞳がウィンクしていた。
「うっしゃ~っ♪」
 屋敷を知り尽くしてるはずのヒナノと親密になりたかったアキラは、携帯番号を教えるとメイド仲間の飲み会があるから来ないかと誘われてしまい、一も二もなく返事をしていた。



「こんばんは、そろそろお帰りですか?」
 掃除道具を片手にアキラは話しかけていた。
「あぁ君か、はいこんばんは。えぇそろそろ帰ろうかと思ってたところです。そちらもお仕事終わりですか?」
 夕方にになると毎日ヒロミ専用駐車場に現れるシロトは、家主が所有してる数台の高級車の整備に余念がなく今も作業に励んでいた。
「はい。あぁそうだ、ヒナさんから聞いたんですけど、シロトさんって実は偉い人だったんですねびっくりしました」
「びっくりさせちゃいました? 車が大好きなんですよ、でいつの間にか半分お抱えドライバーみたいになってました」
「そうなんですか、シロトさんってミィナのことはご存知ですか?」
「もちろん知ってますよ、彼女はとても頑張り屋さんでしたねぇ、今のあなたと似てるかもしれない」

テーマ : 官能小説
ジャンル : アダルト

検索フォーム
カウンター

現在の閲覧者数:
はじめから読んでくださいね

■全ての記事・小説のバックナンバーを表示できます。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
プロフィール

C.B

Author:C.B
C.Bの恋愛官能小説ブログへようこそ。ここは。「ふたりの彼。玩具の私」と、その続編「妹と兄。そして震える母」の書庫になります。

■ご注意:当ブログの小説の無断使用はできません。著作権利は作者C.Bが保持しています。お問合せはページ内にあるメールフォームをご利用ください。

筆者にメール

名前:
メール:
件名:
本文:

 
応援してください
★このサイトにチップを贈る
このサイトへチップを贈る
★ポチッと応援お願いします。
書く気力が沸いてきます。
アルファポリスで応援
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)で応援
にほんブログ村ランキングで応援
ランキングサイト
相互リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
Twitter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。