スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ふたり7

 ユタカは私のれてるあそこを想像し、
食事をさせるのも好きだった。
下着を着けさせないまま、
股を広げて食べてとか言うし、
食事中の私に、平然とあれを含ませたり…
もうほんとに凄いヘ・ン・タ・イだ。
でも、そんな彼を好きな私も…
同類ではあるのだけど。
だから、れたままの私は、先にお風呂へ入り綺麗にしてしまうことは許されていなかった…。
しかも、お風呂には必ずふたりで入るという、
誓約書まで書かせられていた。
これはもちろん遊びだったけど、
一人で入るお風呂なんて、
寂しくてたまらないだろうなって、
思うようになっていた。

食事が終わり、
待望のお風呂タイム。
れてる私は、彼にキレイにして貰えるのだ。
そして私は、彼の綺麗なミルクを味わう係り…。
▼応援してもらえると、書く気力が沸いてきます。

アルファポリスで応援

にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へ
にほんブログ村で応援
関連記事

テーマ : 官能小説
ジャンル : アダルト

tag : お風呂 ヘ・ン・タ・イ ミルク

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カウンター

現在の閲覧者数:
はじめから読んでくださいね

■全ての記事・小説のバックナンバーを表示できます。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
プロフィール

C.B

Author:C.B
C.Bの恋愛官能小説ブログへようこそ。ここは。「ふたりの彼。玩具の私」と、その続編「妹と兄。そして震える母」の書庫になります。

■ご注意:当ブログの小説の無断使用はできません。著作権利は作者C.Bが保持しています。お問合せはページ内にあるメールフォームをご利用ください。

筆者にメール

名前:
メール:
件名:
本文:

 
応援してください
★このサイトにチップを贈る
このサイトへチップを贈る
★ポチッと応援お願いします。
書く気力が沸いてきます。
アルファポリスで応援
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)で応援
にほんブログ村ランキングで応援
ランキングサイト
相互リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
Twitter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。