スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

妹と兄52

妹兄52

 体が熱かった。疲れた体に精神的なショックで、あたしは眠ってしまい夢を見ていたようだ…。とても怖くて目をそっと開けるとそこには、誰も居ない暗がりの公園が見えホッとしたが、寝息をたて眠る痴漢男を押しやっても、やっぱり動かすことはできず、ズキズキする指の痛みに気づいた。
『ほんとに噛んでたんだ…』
ドクン ドクン ドクン ドクン
 心臓が早鐘のように打ち、今のことが夢では無いような気がしてきたあたしは、血が滲んでそうな指を舐めていた。
『はぁ…』
 しばらくじっとしていたあたしは、気持ちを落ち着かせようと深呼吸し、やっと男の携帯を取りしていた。
『ミィナ!?』
『片思いの彼女なのかな。ふぅ…』
 母と同じ名の着信を見て驚き、リダイアルするとすぐに繋がった。
「ユウキー どこー? 映画始っちゃったけど、まだ前で待ってるよ。自称超美形少女がカンカンに怒ってる遅刻するなーって。あなた、この代償高そう。とんでもない物買わされちゃうかも。アハハ」
『えっ?!』
 優しい笑い声にあたしはハッとしていた。母の地声にとてもよく似ていたからだ。
「あぁ、すいません。あたしこの携帯の主の代理なんです。今ですね、この人ユウキさんて言うんですか? すごい頭痛がするとかで、ベンチに倒れてしまって…」
『えっ? あなたどなた? ユウキが倒れた? 倒れたって!!』
 女性は、悲痛な声で聞き返していた。
「ぁ、あたしは変な人じゃないです。通りすがりの者です。ここの場所ですか? 場所は… ここがどこか分からないです。あたし今日はじめてこっちへ出てきたんです。ごめんなさい」
 チヒロも携帯の会話に聞き入っていた。
▼応援してもらえると、書く気力が沸いてきます。

アルファポリスで応援

にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へ
にほんブログ村で応援

関連記事

テーマ : 官能小説
ジャンル : アダルト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カウンター

現在の閲覧者数:
はじめから読んでくださいね

■全ての記事・小説のバックナンバーを表示できます。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
プロフィール

C.B

Author:C.B
C.Bの恋愛官能小説ブログへようこそ。ここは。「ふたりの彼。玩具の私」と、その続編「妹と兄。そして震える母」の書庫になります。

■ご注意:当ブログの小説の無断使用はできません。著作権利は作者C.Bが保持しています。お問合せはページ内にあるメールフォームをご利用ください。

筆者にメール

名前:
メール:
件名:
本文:

 
応援してください
★このサイトにチップを贈る
このサイトへチップを贈る
★ポチッと応援お願いします。
書く気力が沸いてきます。
アルファポリスで応援
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)で応援
にほんブログ村ランキングで応援
ランキングサイト
相互リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
Twitter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。