スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

妹と兄58

妹兄58

『眠ろう そして眠ろう 朝日が射しこむまで 僕は普通でいられる』
 慣れない地下鉄に揺られ、宿泊先のホテルに帰ろうとしてるユィナは、手帳に何か書き留めていた。
-----
甘く切ない天国のようなラブシーン
願えば叶うと言われた子供の時
願いは一つだった
願いは一つずつ消えていき
最後に残ったラブソング
この思いが届くなら
あなたの声が聞けるなら
もう他には何もいらない
手を伸ばしても
どんなに思いを馳せても
もう二度と
二度と抱かれることはない
甘く切ないラブソング
思いは叶う?
願えば叶う?
大人になった僕の思いは永遠にさ迷い
心かき乱す
二度と抱かれることはない
天国という名のラブソング
暗闇に目をこらしても
小さな宇宙に瞬く思い
もう二度と帰れない
甘くけだるいラブソング
眠ろう
朝日が射すまで
目を閉じていれば僕は普通でいられる
甘く切ない天国のようなラブシーン
-----
 眠気を抑えホテルにたどり着くと、リムジンが止まっていて、運転手のおじさんが車のドアを開けてくれた。あたしは寂しすぎて一人では居られないと思っていた。誰かの傍に居たいと思っていた。でも、それは決してそこにいる女性のことでは無かった。
▼応援してもらえると、書く気力が沸いてきます。

アルファポリスで応援

にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へ
にほんブログ村で応援

関連記事

テーマ : 官能小説
ジャンル : アダルト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カウンター

現在の閲覧者数:
はじめから読んでくださいね

■全ての記事・小説のバックナンバーを表示できます。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
プロフィール

C.B

Author:C.B
C.Bの恋愛官能小説ブログへようこそ。ここは。「ふたりの彼。玩具の私」と、その続編「妹と兄。そして震える母」の書庫になります。

■ご注意:当ブログの小説の無断使用はできません。著作権利は作者C.Bが保持しています。お問合せはページ内にあるメールフォームをご利用ください。

筆者にメール

名前:
メール:
件名:
本文:

 
応援してください
★このサイトにチップを贈る
このサイトへチップを贈る
★ポチッと応援お願いします。
書く気力が沸いてきます。
アルファポリスで応援
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)で応援
にほんブログ村ランキングで応援
ランキングサイト
相互リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
Twitter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。