スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ふたり10

「あぁ~~ ミィナ。すごくうまくなった…。
 うんうん 今日はもう言わない…
 じゃあレ・ズプレイは? ハァハァ
 僕は見てるだけ。
 あぁああ
 イタタタタタ!」
「私きっと、きっと…
 あたなのあなた自身。
 私だけの”これ”を噛み切ってしまうわ!」
 ミィナはちょときつめにかじった。
そして、ふたりは何も喋らなくなり、
ユタカは我慢できないとミィナを引き寄せ、
挿入し、
湯をバシャバシャ揺らし始めた。
「じゃあさ。複数は複数でも、
 女はミィナだけ」
 肩で息をしながら、
「あとは男だけ… ハァハァ」
 激しく腰を動かすユタカ。

『ぁ…』
 思わず想像してしまった…。

『あぁぁぁぁぁぁあああ!』
 ユタカに激しく突き動かされた。
「あぁー 凄い!
 今、とても欲情したね?
 想像したね?
 凄いよミィナ!
 凄い!
 そー言うことなのかい?
 うふふ」
 体位を変えられ
突かれるままの私は、
いきなり、
お・し・っ・このように潮を撒いていた。
「ぁああああああああ」
 喘ぐことしかできない私。
バックでされながら、
こんなに吹いたのは
その日が来るのを、
予感していたのかもしれない…。
▼応援してもらえると、書く気力が沸いてきます。

アルファポリスで応援

にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へ
にほんブログ村で応援
関連記事

テーマ : 官能小説
ジャンル : アダルト

tag : 喘ぐ バック

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カウンター

現在の閲覧者数:
はじめから読んでくださいね

■全ての記事・小説のバックナンバーを表示できます。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
プロフィール

C.B

Author:C.B
C.Bの恋愛官能小説ブログへようこそ。ここは。「ふたりの彼。玩具の私」と、その続編「妹と兄。そして震える母」の書庫になります。

■ご注意:当ブログの小説の無断使用はできません。著作権利は作者C.Bが保持しています。お問合せはページ内にあるメールフォームをご利用ください。

筆者にメール

名前:
メール:
件名:
本文:

 
応援してください
★このサイトにチップを贈る
このサイトへチップを贈る
★ポチッと応援お願いします。
書く気力が沸いてきます。
アルファポリスで応援
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)で応援
にほんブログ村ランキングで応援
ランキングサイト
相互リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
Twitter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。