スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

妹と兄90

妹兄90
 リズムを取るユィナの胸が揺れ、詩を暗記してるみたいに歌を追い、呟いた。
「CDって売ってるんですか? まさかメジャー?!」
「持ってるから買わなくていいわよ~ あとでプレゼントしてあげる」
「えぇでも自分で買いたいんです」
「貴重なデモテープとかもあるし、うーん残念ながらまだインディーズなんだなぁ。でも、娘ちゃんと音楽の趣味が合うなんて、アタシっすっごぃ幸せ~」
 ヒロミはユィナに抱きつくと頭を撫でながら、娘の胸をワイングラスでポンポン弾いた。
「変な蟲はあたしが退散させるぅ~♪」
「カオルさ~ん!」
 酒臭い義母から逃げ惑うユィナは、メイドに助けを求めたが、カオルはただニコニコしていた。
「あっ、CDジャケットに、メンバーの顔写真とか載ってますか?」
「ん~ 残念ながらそーいうの無いの。あいつらってビジュアル系なのに、メジャーになるまで顔見せないってポリシーみたい。そこがまた凄いって思うけど、このアタシにだって2ショ撮らせないのよね…。しかもね、いつかのライブのとき隠し撮りしてた子が居たの、そしたらバレちゃって、ギター壊して演奏放棄」
「わぁあ♪ すごい、すごいバンドですね」
「ステージ立つと人変わるだけで、普通の可愛い男たちだけどね。うふふ」
「へぇ~」
「でもリーダーのユウキはほんとカリスマ性があってね、あなたには絶対会ってほしくない蟲の一人」
▼応援してもらえると、書く気力が沸いてきます。

アルファポリスで応援

にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へ
にほんブログ村で応援

関連記事

テーマ : 官能小説
ジャンル : アダルト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カウンター

現在の閲覧者数:
はじめから読んでくださいね

■全ての記事・小説のバックナンバーを表示できます。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
プロフィール

C.B

Author:C.B
C.Bの恋愛官能小説ブログへようこそ。ここは。「ふたりの彼。玩具の私」と、その続編「妹と兄。そして震える母」の書庫になります。

■ご注意:当ブログの小説の無断使用はできません。著作権利は作者C.Bが保持しています。お問合せはページ内にあるメールフォームをご利用ください。

筆者にメール

名前:
メール:
件名:
本文:

 
応援してください
★このサイトにチップを贈る
このサイトへチップを贈る
★ポチッと応援お願いします。
書く気力が沸いてきます。
アルファポリスで応援
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)で応援
にほんブログ村ランキングで応援
ランキングサイト
相互リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
Twitter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。