スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ふたり14

 それからと言うもの、あそこと、口には必ず二本の肉棒を咥えさせられ…。
触ってもらえない胸に、
『もう一人居たらキスしてもらえるかな?
 もう一人居たら…?
 えぇー! 私ったらなに考えてるの!』
 ふぃに顔をブルブル振ってしまい、自分のおかしな行動にニヤついた彼らと目が合ってしまった…。
「なに考えてたの?」
「教えなさい」
「なんでもないです…」
「本当?」
「うそ臭いなぁ」
『ダメ!』
 私は逃げようとした。 
「ほーら、お仕置きぃー」
「僕はこっちのスイッチで。うふふふふ」
「そーいうことしに来たんじゃないの真剣に…ぁん」
 小声で囁き合う三人。
でも、すぐに力が抜けストンと腰を落としてしまった…。
二人のユタカは、とりあえず別人に見えるよう、まったく違う服装で座っていて、
「してみたかったんだ」と、
 エスカレートする行為はネット通販でプレイグッズを買い、今の今。私にあてがわれている…。
『だめ…あふぅ』
 思わず声が漏れる。
乳・首の先にふたつ…。下の穴にもに一個ずつ…。
専用のかっこ悪いブラとショーツに仕込まれた遠隔操作できるローターが、小刻みで激しい振動を走らせている…。
『んんん おかしくなるぅー んあぁぁああ』
 床に転げ落ちそうなくらい刺激を与えられ、やめて、やめてと懇願していた…。
ここは、図書館。静かに皆がそれぞれの時間を過ごす場所…。

 私は刺激を与えられたまま男子トイレに行けと命じられ、
時間をずらしてついて来る一人ずつ招き入れた…。
大きな個室トイレ…。
『こんなことしてる場合じゃないよぉー』
『これは事象。そして、いつか消えるならそれまでは、君は僕の…』
『僕らの玩具』
 そして、3人はこの密室で溶け合っていった…。

 ふたりのユタカは、SF映画に出てくるコピーロボットか、クローンのように能力がまったく同じ。片方が執筆に励むと、片方は雑用をこなし料理の腕を益々上げ、片方が悩むと相談しあい、小説の続きを紡いでいくという、夢のような数日を過ごした。だけど、このままではいけないのは確かだった…。
▼応援してもらえると、書く気力が沸いてきます。

アルファポリスで応援

にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へ
にほんブログ村で応援
関連記事

テーマ : 官能小説
ジャンル : アダルト

tag : エスカレート 個室 トイレ 下の穴 クローン

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カウンター

現在の閲覧者数:
はじめから読んでくださいね

■全ての記事・小説のバックナンバーを表示できます。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
プロフィール

C.B

Author:C.B
C.Bの恋愛官能小説ブログへようこそ。ここは。「ふたりの彼。玩具の私」と、その続編「妹と兄。そして震える母」の書庫になります。

■ご注意:当ブログの小説の無断使用はできません。著作権利は作者C.Bが保持しています。お問合せはページ内にあるメールフォームをご利用ください。

筆者にメール

名前:
メール:
件名:
本文:

 
応援してください
★このサイトにチップを贈る
このサイトへチップを贈る
★ポチッと応援お願いします。
書く気力が沸いてきます。
アルファポリスで応援
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)で応援
にほんブログ村ランキングで応援
ランキングサイト
相互リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
Twitter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。