スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

妹と兄105

妹兄105
 まさぐられる指が、パンティの脇から性器に滑る。添うように、優しく、優しく、膣からあふれる蜜をまんべんなくいき渡らせる、硬くなるクリトリスに触り、ゆっくりと上下させ、女は男を受け入れる準備をはじめる。乳首にキスされ、唾液で転がされると、苦痛ではない快感に顔が歪んだ。妹はまだセックスそのものの良さを知らない、兄に抱かれることだけが幸せ。兄のしたいことが妹の全てだった。

「あぁああああ」
 口をどんなに硬く結んでも漏れ出てくる吐息。妹は感じていた。感じる体がどんどん熱くなる。
「あ。あぁ。ぁあん んはぁあああ あぁあああん」
ぐちゅぐちゅぐちゅ
『えっちな音がしているよぉ、あ~ん』
「すごぃ… ユィナ」
 興奮する兄は、妹の腰から足を持ち上げるように、彼女の方へ倒し押さえつけた。無理な態勢を取らせ股を開くと、膨らんだ部分の真ん中にある、淡いピンク色の性器が丸見えになった。
『いゃああ~ おにいちゃん! 恥ずかしい、恥ずかしい』
 兄に、両足を広げたまま持てと言われ、大事な部分にキスされていった。口がそこに触れキスされていく。
「いゃあああぁぁあああああああああ」
 蜜を吸われ、舐めとられ、小さな突起を転がされていくと、兄と目があった妹。
「ふふっ。俺を見ろ! 目を閉じるな、されていることをよく見るんだ!」
▼応援してもらえると、書く気力が沸いてきます。

アルファポリスで応援

にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へ
にほんブログ村で応援

関連記事

テーマ : 官能小説
ジャンル : アダルト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カウンター

現在の閲覧者数:
はじめから読んでくださいね

■全ての記事・小説のバックナンバーを表示できます。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
プロフィール

C.B

Author:C.B
C.Bの恋愛官能小説ブログへようこそ。ここは。「ふたりの彼。玩具の私」と、その続編「妹と兄。そして震える母」の書庫になります。

■ご注意:当ブログの小説の無断使用はできません。著作権利は作者C.Bが保持しています。お問合せはページ内にあるメールフォームをご利用ください。

筆者にメール

名前:
メール:
件名:
本文:

 
応援してください
★このサイトにチップを贈る
このサイトへチップを贈る
★ポチッと応援お願いします。
書く気力が沸いてきます。
アルファポリスで応援
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)で応援
にほんブログ村ランキングで応援
ランキングサイト
相互リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
Twitter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。