スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ふたり16

 マメさ加減も、そっくりな二人。
行動表?外出表ボードなるものを作っていて、外へ出るのは順番に交互にと、取り決めをしてた。
片方が片方に、それを差し出し、

「おぃ… これ、なんか修正されてないか? 書き換えたような跡が見えるぞ!」
「数字間違えたから、書き直しただけ! 今日の買い物は僕の番」
「あ。ていうか、お前今日風呂掃除だろー トイレもピカピカに磨いとけよなー」
「え? 昨日やったのは僕だぞ? 同じ人見てやったような気になってないか?」
 小さないざこざが起こり始めていた。

「はーぃ ふたりともー ここに来て万歳してー」
「ん?」
「どした?」
 私は、彼らの服を脱がし、新しく買ってきた服を着せてあげた。
「うん。どっちも似合う~」
 彼らを見て小さく拍手した。
「んー これは色分けでしょうか? どっちが1号か、2号って分かるようにだね…」
「マスクドライダーだなぁ。そもそもあれは、腕折ったから仕方なく二号が生まれたって…」
「このままポーズ決めて変身するか?」
「変身して、またお互いになるのか?」
 スタンドミラーで自分の姿を見る二人は、同じデザインで違う配色の服をしげしげと眺めていた。
「だって。そーしとかないと~ こっちも分からなくなるから。気に入らない?」
「いや、君のセンスにはいつも感謝してる。気に入ってる」
「でも、僕はこっちが着たい」
 Aユタカは、Bユタカの着てる服をつかんでいた。
「ねぇ ミィナ また聞くけど、どっちが本体か本当に分からない?」
「そうだよ! 君ならどっちが本物のなのか分かるはず」
「えぇー ちょちょっと待って。またその話しー? 分かってたら色違いの服なんか買ってこないよー でしょう?」
「なんでもいいんだ些細なことでも」
「なんか感じ方が違うとかない?」
 少し苛立ったように、私を責めてくる二人。
たまにこーなる…。
でも、こーいうときは決まって… 私は萌える…。
「ぁん」
 YUTAKAsは、私を鏡の前に押しやった。
図書館また行きたい?」
「行きたいって言わないと、もっと凄い事したくなる」
「どっちにしても連れてくくせに~あぁあん」
「ふふっ」
 彼らは私を脱がせていく、色違いの彼らは服を着たまま、私だけ露出させられていく…。
「目を閉じないで」
「しっかり見てて」
恥ずかしい…
▼応援してもらえると、書く気力が沸いてきます。

アルファポリスで応援

にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へ
にほんブログ村で応援
関連記事

テーマ : 官能小説
ジャンル : アダルト

tag : スタンドミラー 恥ずかしい… 図書館 萌える 露出

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カウンター

現在の閲覧者数:
はじめから読んでくださいね

■全ての記事・小説のバックナンバーを表示できます。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
プロフィール

C.B

Author:C.B
C.Bの恋愛官能小説ブログへようこそ。ここは。「ふたりの彼。玩具の私」と、その続編「妹と兄。そして震える母」の書庫になります。

■ご注意:当ブログの小説の無断使用はできません。著作権利は作者C.Bが保持しています。お問合せはページ内にあるメールフォームをご利用ください。

筆者にメール

名前:
メール:
件名:
本文:

 
応援してください
★このサイトにチップを贈る
このサイトへチップを贈る
★ポチッと応援お願いします。
書く気力が沸いてきます。
アルファポリスで応援
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)で応援
にほんブログ村ランキングで応援
ランキングサイト
相互リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
Twitter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。