スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

妹兄120

妹兄120
 外へ出るまでの間。担当の医師や、顔馴染みの看護師さんたちの顔が見えるたび挨拶し、アキの待つ車に乗り込んだ。

 事故以来、悪魔のような俺に、彼女は献身的に尽くしてくれていて、アキを大事な人として意識するようになり、愛してると言った。だが、彼女の思いを受け入れることなどできない…。愛を騙ってしまった俺は、本当の悪魔になっていた…。大切な母が家から消え、父は他界し…、心が折れかけていた…。

 三人の命は助かっていた。俺は全身打撲と頭から、背中にかけて大きな傷を負い、チヒロは足に大怪我をし、利き腕の麻痺と、顔半分を包帯に覆われ。今は俺が付いていないと自分では何もできない状態だった。そして、母は怪我よりも心を強く病んでしまい、精神病院に入院させられ両方のケアを受けていた。

 事故のとき。泣き叫ぶ親子の声に意識を取り戻そうとしていた俺…。車は運良く緩く曲がるガードレールに接触し続け、俺はミィナからチヒロを引き離し運を天に任せていた。

 あの時の事故で爆発炎上した車に乗っていたのはイチロウだった。父は、俺たちの事故に巻き込まれ絶命していた。あの場所は以前から見通しが悪く、事故が多発してる危険地帯ではあったが、炎に包まれ窒息死だったそうだ…。間接的だったとはいえ、俺らのせいで死に追いやっていた。だけど、死んだのはイチロウだけではなかったんだ…。
▼応援してもらえると、書く気力が沸いてきます。

アルファポリスで応援

にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へ
にほんブログ村で応援

関連記事

テーマ : 官能小説
ジャンル : アダルト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カウンター

現在の閲覧者数:
はじめから読んでくださいね

■全ての記事・小説のバックナンバーを表示できます。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
プロフィール

C.B

Author:C.B
C.Bの恋愛官能小説ブログへようこそ。ここは。「ふたりの彼。玩具の私」と、その続編「妹と兄。そして震える母」の書庫になります。

■ご注意:当ブログの小説の無断使用はできません。著作権利は作者C.Bが保持しています。お問合せはページ内にあるメールフォームをご利用ください。

筆者にメール

名前:
メール:
件名:
本文:

 
応援してください
★このサイトにチップを贈る
このサイトへチップを贈る
★ポチッと応援お願いします。
書く気力が沸いてきます。
アルファポリスで応援
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)で応援
にほんブログ村ランキングで応援
ランキングサイト
相互リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
Twitter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。