スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

妹兄121

妹兄121
 同乗していた女性は、即死だったそうだ。その女性と俺に面識は無く、遺体から”玩具”が飛び出していたと、相手側の親族から罵声混じりに教えられていた…。父は不倫していた。でもその行為には訳があった、そのことを一番理解しているのは母、
『あそこの奥さんってすごぃ好き者なの、私たちのしてることにすごく興味があるって。あなたが相手を気に入ったら、そのうち三人で… うふふっ』
 彼女が父にけしかけていたんだ。俺は、その場面も盗み見ていたのだから…。

 俺は意識を取り戻した母と妹に、あの時何があったのか問い続けた。ミィナは事故の後遺症と、父の死で心を閉ざしたまま…。チヒロが負った傷はとても深かったが、心は徐々に解けていき、ごく普通に会話が出来るようになったのは、つい最近のことだ。チヒロが話した忌まわしい言葉は、混乱していたせいだと思うようになり、車の中でアキと冗談を言いあって笑う妹が何より愛しく、今はそれだけで良いと思っていた。



「ねぇ。アキさん…」
「なにー?」
「アキさん! アキさん! アキさん!」
「どしたー」
 アキはチヒロのショートカットの髪に指を入れ撫で付けている。
「聞きたいことありますぅ…」
 チヒロが見つめていた。
「うん?」
「…ってどんな感じ?」
「なに? 良く聞こえないよ」
 アキは、チヒロ顔を近づけた。
「ぇちぃ~って どんなの? 痛い? 苦しい?」
▼応援してもらえると、書く気力が沸いてきます。

アルファポリスで応援

にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へ
にほんブログ村で応援

関連記事

テーマ : 官能小説
ジャンル : アダルト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カウンター

現在の閲覧者数:
はじめから読んでくださいね

■全ての記事・小説のバックナンバーを表示できます。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
プロフィール

C.B

Author:C.B
C.Bの恋愛官能小説ブログへようこそ。ここは。「ふたりの彼。玩具の私」と、その続編「妹と兄。そして震える母」の書庫になります。

■ご注意:当ブログの小説の無断使用はできません。著作権利は作者C.Bが保持しています。お問合せはページ内にあるメールフォームをご利用ください。

筆者にメール

名前:
メール:
件名:
本文:

 
応援してください
★このサイトにチップを贈る
このサイトへチップを贈る
★ポチッと応援お願いします。
書く気力が沸いてきます。
アルファポリスで応援
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)で応援
にほんブログ村ランキングで応援
ランキングサイト
相互リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
Twitter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。