スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

妹兄123

妹兄123
「プードル?」
 ドライヤーの音で、よく聞き取れないでいた。
「犬は好きですかー?」
「ごまかされてるような…」
「うふふふふふ」
 アキは半開きにした、自分の唇を舐め回した。



 最近の俺たちは、家の一階を中心に暮らしていて、夫婦の寝室をチヒロの看病部屋に、俺はリビングで寝起きしながらチヒロの面倒を診ていた。アキが来る日は必ず二階の自室で愛しあい、今は一人で部屋へ入り、パソコンの電源を入れていた。

 誰かのことを全て知ってるなんて、意味が無かった。知らない事は、知らないまま過ごすことが、今の俺には必要だった。膨らんでいく罪悪感と、自己嫌悪。封印しなければと、削除ボタンにカーソルを当てがった。クリックするば済むだけのボタンの上で、戸惑う指が、ミィナが元気だった頃の姿を、もう一度だけ見たいと、ソフトを立ち上げてしまっていた。過去の映像を開こうとしていると、画面に妹の髪を梳かすアキが映っていた。
「あぁ!」
 俺は、凍ったように動けなくなっていた。アキが、俺を見ていたからだ。その物憂げな瞳の中に強い意志を感じ、何気に見てる訳ではないと直感した。
「カメラに気づいてる!」
 喉を鳴らした俺は、彼女の唇が微かに”ラブドール”と動いたように見え、彼女は腰かけている小柄なチヒロを支え、そっと優しくベッドに寝そべらせていった。

「チヒロちゃま。ほらリラックスして。
『ラブドール…。ラブドール…。あなたは可愛い私の・大・切・な・お・人・形…』」
▼応援してもらえると、書く気力が沸いてきます。

アルファポリスで応援

にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へ
にほんブログ村で応援

関連記事

テーマ : 官能小説
ジャンル : アダルト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カウンター

現在の閲覧者数:
はじめから読んでくださいね

■全ての記事・小説のバックナンバーを表示できます。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
プロフィール

C.B

Author:C.B
C.Bの恋愛官能小説ブログへようこそ。ここは。「ふたりの彼。玩具の私」と、その続編「妹と兄。そして震える母」の書庫になります。

■ご注意:当ブログの小説の無断使用はできません。著作権利は作者C.Bが保持しています。お問合せはページ内にあるメールフォームをご利用ください。

筆者にメール

名前:
メール:
件名:
本文:

 
応援してください
★このサイトにチップを贈る
このサイトへチップを贈る
★ポチッと応援お願いします。
書く気力が沸いてきます。
アルファポリスで応援
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)で応援
にほんブログ村ランキングで応援
ランキングサイト
相互リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
Twitter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。