スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

妹兄125

妹兄125
 いやいやするチヒロの顎を取り、真上に向けようとするアキ…。
「だめだー やめてくれ…」
 額に汗が滲んだ。
「あそこで、おにーちゃま見てる…。最愛のユウキ様」
「うぁあああああ」
 そして、俺はチヒロと目があった!
「えっちな、おにーちゃまだけど、好きでいてあげてね」
 チヒロの髪を撫でるアキ…。
「知ってたょ。おにーちゃまが見ながら…、そして私も…」
 部屋の明かりが眩しく、動かせる手で影を作るチヒロが、切なそうに話した。
「知ってたって…」
 俺は呆然としていた。
「そうだったの…。いやらしい子…。こんな風に?」
「あぁぁぁぁあ」
 アキに下着の上から軽くなぞられ、チヒロの声が上ずっていく。
「私とおんなじのここ…、えっちなここ…」
 チヒロの口に、自分の唾を垂らし飲み込ませると、激しく唇を奪った。アキの手はチヒロのあそこを、指先で軽くノックするように叩き、スーッと上下になぞっている。
トントンスーッ トントンスーッ トントンスーッ
 と、口づけを交わしながら。
くちゅ ぺちょ ちゅっぱっ
「ハッハッハッァ~ン」
 チヒロの声が漏れはじめる。
「おっぱいも。乳首もすごく良くなっていくの…」
 服の上から円を描くように、膨らみをなぞっていくアキ。
「あぁもぅ硬くしてるのね。ほら、自分で触ってみて」
「あん あん あん あん はぁはぁはぁはぁ」
 初めての行為に、身じろぐこともできないチヒロの手を取り、導いていく。
▼応援してもらえると、書く気力が沸いてきます。

アルファポリスで応援

にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へ
にほんブログ村で応援

関連記事

テーマ : 官能小説
ジャンル : アダルト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カウンター

現在の閲覧者数:
はじめから読んでくださいね

■全ての記事・小説のバックナンバーを表示できます。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
プロフィール

C.B

Author:C.B
C.Bの恋愛官能小説ブログへようこそ。ここは。「ふたりの彼。玩具の私」と、その続編「妹と兄。そして震える母」の書庫になります。

■ご注意:当ブログの小説の無断使用はできません。著作権利は作者C.Bが保持しています。お問合せはページ内にあるメールフォームをご利用ください。

筆者にメール

名前:
メール:
件名:
本文:

 
応援してください
★このサイトにチップを贈る
このサイトへチップを贈る
★ポチッと応援お願いします。
書く気力が沸いてきます。
アルファポリスで応援
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)で応援
にほんブログ村ランキングで応援
ランキングサイト
相互リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
Twitter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。