スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

妹兄124

妹兄124
 瞳を潤ませているアキ。
「どしたの??」
 チヒロが言った。
”ラブドール”
「ラブプードル? 犬より、猫が好きかな~ ははっ」
 彼女が見せる怪しい表情に、ドギマギするチヒロ…。
”ラブドール”
 声に出さず、唇だけを動かしているアキ。
”ラブドール”
「あっ。アキさん。おねーちゃま。あっあっあっ…」
 まだ乾き切って無いショートヘアーをかき上げられ、背けようとしたチヒロの顔が、アキの頭で隠れていくと、高性能なマイクが拾う生々しい音が聞こえた。
ちゅっぷちゅくちゅちゅむ
チヒロの唇が、アキに奪われていく。

「だめだ! アキ! やめろ! チヒロに手を出すな!」
 アキを本物のラブドール。意思のある性愛人形に育てしまっていた事を忘れていた。操る紐はとっくに消え、彼女が俺とのセックスだけで満足できるはずは無かった。その目がまたこちらに向けられ、しなやかに手が伸び”俺”を指さした。
『ユタカ様早く来て! こんなに育った私を見て! チヒロちゃまも、可愛いお人形にしてあげる~。うふふふふ』
 人形は主を死ぬほど慕い、ユウキを想う強い愛がそうさせていた。

「ほら。チヒロちゃん。あの火災報知器を見てぇ」
「あぁん。ダメダメダメ。こんなこと変だよぉ~ おねーちゃまぁ」
▼応援してもらえると、書く気力が沸いてきます。

アルファポリスで応援

にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へ
にほんブログ村で応援

関連記事

テーマ : 官能小説
ジャンル : アダルト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カウンター

現在の閲覧者数:
はじめから読んでくださいね

■全ての記事・小説のバックナンバーを表示できます。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
プロフィール

C.B

Author:C.B
C.Bの恋愛官能小説ブログへようこそ。ここは。「ふたりの彼。玩具の私」と、その続編「妹と兄。そして震える母」の書庫になります。

■ご注意:当ブログの小説の無断使用はできません。著作権利は作者C.Bが保持しています。お問合せはページ内にあるメールフォームをご利用ください。

筆者にメール

名前:
メール:
件名:
本文:

 
応援してください
★このサイトにチップを贈る
このサイトへチップを贈る
★ポチッと応援お願いします。
書く気力が沸いてきます。
アルファポリスで応援
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)で応援
にほんブログ村ランキングで応援
ランキングサイト
相互リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
Twitter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。