スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

妹兄129

妹兄129
 両手を広げ涙するその姿に、いつか見たニュース映像が重なっていった。家族の聖域に黄色いテープが張られていく深い絶望と、支えきれない悲しみ…。
『あの時、何があったんだ…。いったい何が…。なにが…。ママは狂ったのか? ほんとうに呪われているのか?!』
「キレイよ、チヒロちゃま。ねぇ? ユウキ様」
 アキは俺の上着を脱がし、胸を舐めながらジーンズのベルトを外していった。
抵抗する気力も無かった。アキの唇が”俺自身”に触れ、
ジュポジュポペロペロペロくちゅうちゅちゃぷぬちゃぬぷ
すすられ、舐めとられ、絡められていく。
とても好きな卑猥(ひわい)な音が響いている…。
じゅるじゅぽじゅぽぐちゅぐちゅ
「はぁはぁはぁはぁ」
 硬くなった物が、アキに握られたまま導かれる…。
『あぁああああああ』
 思考が途絶え、言葉も失い、頭の片すみで考えていた。
『あの日、何があったんだ…。いったい何が…』
「んぁっ 痛い! イタイ!」
 俺はチヒロを貫いていた。
「辛抱して、少しの間だけ、今は痛いだけだから」
 アキはチヒロの初めての痛みを和らげようと、いたわるように体を撫でさすり。繋がった部分に長い舌を這わせ、純血を舐め取った。
▼応援してもらえると、書く気力が沸いてきます。

アルファポリスで応援

にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へ
にほんブログ村で応援

関連記事

テーマ : 官能小説
ジャンル : アダルト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カウンター

現在の閲覧者数:
はじめから読んでくださいね

■全ての記事・小説のバックナンバーを表示できます。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
プロフィール

C.B

Author:C.B
C.Bの恋愛官能小説ブログへようこそ。ここは。「ふたりの彼。玩具の私」と、その続編「妹と兄。そして震える母」の書庫になります。

■ご注意:当ブログの小説の無断使用はできません。著作権利は作者C.Bが保持しています。お問合せはページ内にあるメールフォームをご利用ください。

筆者にメール

名前:
メール:
件名:
本文:

 
応援してください
★このサイトにチップを贈る
このサイトへチップを贈る
★ポチッと応援お願いします。
書く気力が沸いてきます。
アルファポリスで応援
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)で応援
にほんブログ村ランキングで応援
ランキングサイト
相互リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
Twitter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。