スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

妹兄131

妹兄131
 夫婦だけのダブルベッドが、子供たちの行為に揺れていた…。
「いく!」
 俺は口走っていた。
「ユウキ様のご褒美が出るの! チヒロちゃまで興奮した証が射精に変わる! すごい! すごいの! お人形がオンナになるの!」
「んぁぁあああああ」
 アキは、俺の後ろの穴に入れた指の出し入れを早めながら、繋がれた部分を覗き込むように見ていた…。
「あぁ…。ユウキ様の玉、パンパンに腫れてる」
「ぃくぃくぃくいく!」
 痺れていく感覚…。竿にザーメンが上がってきている…。腰の動きを急激に早め、出したいと願う本能に勝てなくなっていた。
「ぁあああああ!」
 俺は声を荒げ限界だと、根元まで入れた物を引き抜き、外へ出そうとしたがアキに腰を押されてしまった。
「あぁだめだ!」
ドクッ ドクドクドクドクン
「あぁああああ~」
 中出ししていた。
奥の奥で射精し、肉棒の刺さった狭い肉壁に放出される心地よい征服感、ドロドロの精子が中で渦巻くのを感じた。
ハッハッハッハッ
 肩で大きく息をし、悲痛な顔をしたユウキのあれが、静かに抜かれると、チヒロの性器からドロッと溢れ出していた…。愛液にまみれ、ねっとりと汚れた肉棒にアキは吸い付き、残ってるザーメンを啜り。チヒロのそこも、綺麗に掃除していった…。
じゅるくちゅぬちゃくちゅぺちょぺちょ
「チヒロちゃまの蜜、処女の血、ユウキ様の種、絡まって、混ざり合ってておいしい、おいしいよぉ~」
 ひとしきり舐めた女は、メスの体をくねらせていた。
▼応援してもらえると、書く気力が沸いてきます。

アルファポリスで応援

にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へ
にほんブログ村で応援

関連記事

テーマ : 官能小説
ジャンル : アダルト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カウンター

現在の閲覧者数:
はじめから読んでくださいね

■全ての記事・小説のバックナンバーを表示できます。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
プロフィール

C.B

Author:C.B
C.Bの恋愛官能小説ブログへようこそ。ここは。「ふたりの彼。玩具の私」と、その続編「妹と兄。そして震える母」の書庫になります。

■ご注意:当ブログの小説の無断使用はできません。著作権利は作者C.Bが保持しています。お問合せはページ内にあるメールフォームをご利用ください。

筆者にメール

名前:
メール:
件名:
本文:

 
応援してください
★このサイトにチップを贈る
このサイトへチップを贈る
★ポチッと応援お願いします。
書く気力が沸いてきます。
アルファポリスで応援
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)で応援
にほんブログ村ランキングで応援
ランキングサイト
相互リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
Twitter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。