スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ふたり18


 彼と別れた。
彼は偏愛的な性行為を求め続けたから…。
ずっと拒否し、
だから別れを告げた。
それが半年前。
別れてから一人を満喫してる私は、異性(男性)とは無縁の生活をしていた。

 抱えていた長期に渡る単行本のプロジェクト。
仕事をが一段落した時、
前祝だと、女同士の同僚たちと飲み破目を外しに出かけた。
今、私に彼が居ないと言うと
そろそろ狂う時期よと、ほくそ笑む苦手な先輩が居て、
特に生理前は…と話してくれた…。
「SEXなんかどーでもいい」
 私は髪を撫でてくれて、隣に居てくれるだけの
彼がいいのと、酔っ払った勢いで
言い合いをしたらしかったが、
その先輩は、
あまりに子供な言い分に、
飲んでいたワインを噴き出し、
私にキスをしてきた。
彼女も酔っていたのだ…。
舌が口の中に入ってきたとき、
ほんの少しうっとりしてしまったけど、
慌ててその女を突き飛ばしてしまい。
床に転がってしまった彼女は、
ケラケラ笑っていた。
後のことはあまり覚えていなくて、
いつの間にかマンションのベッドで
眠ってしまっていた。

 喉が渇き、夜中に目を覚ました。
冷えたミエビアンを飲み干し、もう一眠りしようとして、部屋の隅に置きっぱなしのぬいぐるみを見つめていた…。
『なんで捨てきれないのかな?』
 酔って眠い頭で考えた。
前彼から初めてのプレゼント。
とりわけ大きなクマのぬいぐるみ。
『なんで君はまだ家にいるんだい?』
 クマを抱えなんとなく、抱いてベッドに入ったけど、
寝苦しい夜が続く残暑に、熱帯夜はまだまだ終わりそうになく、エアコンの設定温度を下げても。
肌に暑さが蝕むのを感じ、眠ろうにも眠れなくなっていた…。
その時、車の大きなクラクションが下の道路に響き渡った時、目が冴えてしまい、自分がしてることに気づいた…。
私は急激に欲情し、半分寝てるような状態でクマ抱き付き、
いやらしい部分を押し当てをくねらせていたのだ…。
『欲しいよぉ。欲しいよぉ。鎮めて欲しいよぉ』
▼応援してもらえると、書く気力が沸いてきます。

アルファポリスで応援

にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へ
にほんブログ村で応援
関連記事

テーマ : 官能小説
ジャンル : アダルト

tag : クラクション エアコン クマ 抱く くねらせる 欲情

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カウンター

現在の閲覧者数:
はじめから読んでくださいね

■全ての記事・小説のバックナンバーを表示できます。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
プロフィール

C.B

Author:C.B
C.Bの恋愛官能小説ブログへようこそ。ここは。「ふたりの彼。玩具の私」と、その続編「妹と兄。そして震える母」の書庫になります。

■ご注意:当ブログの小説の無断使用はできません。著作権利は作者C.Bが保持しています。お問合せはページ内にあるメールフォームをご利用ください。

筆者にメール

名前:
メール:
件名:
本文:

 
応援してください
★このサイトにチップを贈る
このサイトへチップを贈る
★ポチッと応援お願いします。
書く気力が沸いてきます。
アルファポリスで応援
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)で応援
にほんブログ村ランキングで応援
ランキングサイト
相互リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
Twitter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。