スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

妹兄144

妹兄144
「あぁああああああああ~ あぁああ あぁああああああ うぁあああああ!」
 しごき捲くられる棒から、断続的に放出される潮が出るたび、中の筋をピクピク痙攣させ、声を押し殺すような苦悶の表情を浮かべた犬は、これ以上無い快楽によがり続け、チヒロは痛々しそうな目で見ていたが、彼ははそこから逃げるような気配を一切見せなかった。
「ふ~ん、凄いね、ほんとに気持ち良いんだね」
「うふふ、そうよぉほらまだよ? まだ出るでしょう? もっと気持ちよくなりたいでしょう、女と同じくらい感じてるはずよ? ビュービュー出るわねぇ~。汚いなぁ~ これが、あんたの潮! ほら、言いなさい! もっと出して下さいアキ様、チヒロ様って言いなさい! なんでも言うことを聞く犬だって証明するの! 言いつけを守るの!」
 永遠に射精が続くような、快楽地獄に犬は陥っていた。
「犬ちゃんのおちんちん真っ赤っかだ~、本物の犬のあそこみたいだぉ~、おちっこ出すたび悶えてる~、キャ~♪」
 顔を手で覆い、指の隙間から悪戯な声を上げるチヒロ。手の動きを止めないアキの攻めに、
「あぁああ! んはぁあああ~ ぁああああああああ!! アキ様! チヒロ様ぁああああ。うぁああうう~ あぅぐぅうううううう ああああああ」
 涎まみれの男は、目を剥き悶絶していった。

「すごかった…、この子壊れそうって思っちゃた…、ほんとに狂うんだ」
 チヒロは犬をじっと見つめていた。
「うふふふっふう~」
▼応援してもらえると、書く気力が沸いてきます。

アルファポリスで応援

にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へ
にほんブログ村で応援

関連記事

テーマ : 官能小説
ジャンル : アダルト

tag : 勃・起 愛撫 濡らした 息子

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カウンター

現在の閲覧者数:
はじめから読んでくださいね

■全ての記事・小説のバックナンバーを表示できます。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
プロフィール

C.B

Author:C.B
C.Bの恋愛官能小説ブログへようこそ。ここは。「ふたりの彼。玩具の私」と、その続編「妹と兄。そして震える母」の書庫になります。

■ご注意:当ブログの小説の無断使用はできません。著作権利は作者C.Bが保持しています。お問合せはページ内にあるメールフォームをご利用ください。

筆者にメール

名前:
メール:
件名:
本文:

 
応援してください
★このサイトにチップを贈る
このサイトへチップを贈る
★ポチッと応援お願いします。
書く気力が沸いてきます。
アルファポリスで応援
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)で応援
にほんブログ村ランキングで応援
ランキングサイト
相互リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
Twitter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。