スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

妹兄164

妹兄164
いつも、盗み見ていたミィナの裸。
ボンデージ衣装で身を固めたミィナ。
淫乱な言葉責めを好み、普段の彼女からは想像もできないほど豹変する女。
胸の先にきつく器具を挟まれ顔を歪ませ、肉棒をしゃぶり、涎まみれの口で至福の表情をするミィナ。
快楽を求め、欲しがるままのメス…。
ペニスが硬く尖っていた、俺はミィナが欲しくてたまらなくなっていた、そして、ミィナも拒む事のできない欲情を俺に求めている。
誰を? 誰でもない俺を! 誰でもいいのか? 誰のでも? さっきの医師以外にも誘っていたのか? 看護師の男も女も、咥え込んだのか? ぁあ感じるよ、あなたから受け継いだ淫乱な血が騒ぐよ、好きだよミィナ、たまらなく好きだ、ずっとずっと好きだ。

「欲しいの…」
 ジーンズのベルトを外し、止め具に手をかけたミィナ。
「あぁあああ」
「欲しいの…」
 ボクサーブリーフの上から撫でられていた。
「狂ってる、俺は狂っているの?」
 腰が勝手に動いていた。
「狂ってるのは私…、あなたは何も考えなくていい…、あいつもあなたのことが好きよ? 寝取られる前に抱くの…、あんな小娘には渡さないの…、あの子どんどん綺麗になる、そしてそして義理の妹は、あなただけのメスになるの」
「何を言ってるんだ、そ、そんなことある訳無い! 痛い、いたいよミィナ!」
 きつく、きつく握り絞められていた。
「あぁん美味しそう、お口でもぐもぐするのぉ~ 熱ぃ熱くてすごく硬くなってるぅ~ ユウキのぉここ~」
 下着ごとジーンズを脱がされ、俺の物が飛び出すと、
「欲しいの? 言って、私が欲しいって言うの! あぁああん」
 顔中で愛撫され、そっと唇を這わせキスをする、手を添えられ玉を転がされては揉まれては吸われた。クチュクチュと唾の音がし、おもむろに口に含まれると、亀頭から、全部を甘く噛んでいく。
▼応援してもらえると、書く気力が沸いてきます。

アルファポリスで応援

にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へ
にほんブログ村で応援

関連記事

テーマ : 官能小説
ジャンル : アダルト

tag : 義眼

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カウンター

現在の閲覧者数:
はじめから読んでくださいね

■全ての記事・小説のバックナンバーを表示できます。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
プロフィール

C.B

Author:C.B
C.Bの恋愛官能小説ブログへようこそ。ここは。「ふたりの彼。玩具の私」と、その続編「妹と兄。そして震える母」の書庫になります。

■ご注意:当ブログの小説の無断使用はできません。著作権利は作者C.Bが保持しています。お問合せはページ内にあるメールフォームをご利用ください。

筆者にメール

名前:
メール:
件名:
本文:

 
応援してください
★このサイトにチップを贈る
このサイトへチップを贈る
★ポチッと応援お願いします。
書く気力が沸いてきます。
アルファポリスで応援
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)で応援
にほんブログ村ランキングで応援
ランキングサイト
相互リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
Twitter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。