スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

妹兄166

妹兄166
「あぁあああ、またいっちゃうぅううう、んはぁああああああ」
 とても感じやすいミィナの体は、狂おしい声を上げ続け、そのたび蜜を求めた。
「出してぇ~ 出していいの、我慢なんかしなくていいのぉ~、満足させようなんて思わなくていいのよ? 私が欲しいのはユウキの心、したいようにして、玩具にしてぇええ」
「ミィナ! ミィナ! ミィナァアア!」
 いつでも果てようとしていた俺の塊は、我慢できず彼女の口に入れたまま、ドクドクと精子を流し込んでいた、彼女は口をすぼませ固く目を瞑り、残っている物も全部吸い出すよう、喉の奥へ流し込んでいった。
「はぁああん、飲んだよぉ~ ほらっ」
 口を開け、中に残ってないことを自慢げに話す彼女は、そして言った。
「入れて…」
「中に来て!」
「あなたのでかき回すの」
「私のいやらしいここにぶち込むの」
「熱いの、あついよぉ~ もぅ我慢なんかしない、あなたが欲しいよぉ~」
 俺の喉が鳴っていた。
「だめだ!」
「だめだよミィナ!」
 葛藤していた俺は、本当にミィナの気が触れているのではと感じ始め、怖くてたまらなくなっていた。そして、ポケットから”あれ”を探してる自分に気づいた。
『無い! 持って来きてない!』
 消毒スプレーを探してしまっていた。
『あぁああああ!!!!』
 動揺し、心が裂けてしまいそうだった。
「いやなの?」
「なんでぇ?」
「こんなに硬いままだよ?」
 ギュウギュウときつく握られ、俺は呻いた。
「いやいやいゃー!」
▼応援してもらえると、書く気力が沸いてきます。

アルファポリスで応援

にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へ
にほんブログ村で応援

関連記事

テーマ : 官能小説
ジャンル : アダルト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カウンター

現在の閲覧者数:
はじめから読んでくださいね

■全ての記事・小説のバックナンバーを表示できます。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
プロフィール

C.B

Author:C.B
C.Bの恋愛官能小説ブログへようこそ。ここは。「ふたりの彼。玩具の私」と、その続編「妹と兄。そして震える母」の書庫になります。

■ご注意:当ブログの小説の無断使用はできません。著作権利は作者C.Bが保持しています。お問合せはページ内にあるメールフォームをご利用ください。

筆者にメール

名前:
メール:
件名:
本文:

 
応援してください
★このサイトにチップを贈る
このサイトへチップを贈る
★ポチッと応援お願いします。
書く気力が沸いてきます。
アルファポリスで応援
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)で応援
にほんブログ村ランキングで応援
ランキングサイト
相互リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
Twitter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。