スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

妹兄167

妹兄167
「欲しいよぉ~ これが欲しいよぉ~」
「私ドロドロなの、もっとドロドロに溶かして欲しいのぉ~ ベッドまでこんなに汚してるのぉ~」
「あなたのせいなの! あなたたちのせいなんだからぁ~ 良い子になるからぁ~ あぁああん、私のユウキ! 私でオナニーするユウキ! 私のパンティをザーメンで汚すユウキ! 私もずっとあなたが欲しかった!」
『あぁあああああ』
 動けないユウキ、顔を覆いうずくまってしまい、彼女の言葉の意味に気づかず、気づくとミィナが上から跨ってきていた。
 入り口で触れ合う性器…。
「はぁああああぁあああ」
 低くくぐもった彼女の喘ぐ声、ミィナはいきなり挿入せず、試すように焦らすように、自分のそこに、亀頭を密着させ前後に揺らしていた。
「あぁあああ、感じるでしょう? ヌルヌルのここぉ~ 欲しいでしょう? 言いなさい! 欲しいって、私が誰の物なのか言うの! 早く! あなたぁあああ!」
びっちょぐっちょびちゅぐちゅ
 執拗に焦らされ、早められる動きに、いやらしい音が響いた。
『あぁ! 欲しいよ! 欲しい! 欲しい!』
「狂いそうだ、欲しいよ、欲しいに決まってる! ドキドキして心臓が飛び出そうだ」
 腰に乗るミィナを押し倒し、ベッドを軋ませた。
「抱きたい!」
 見つめるユウキ。
「あぁ、はい…」
 声を震わせるミィナ。
「お前は俺のメス!」
「あぁ、あなた、戻って来てくれた…、私の大切なあなた、早くぅうう私を使ってぇ~ 好きに使ってぇ~ うふふふぅ~」
▼応援してもらえると、書く気力が沸いてきます。

アルファポリスで応援

にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へ
にほんブログ村で応援

関連記事

テーマ : 官能小説
ジャンル : アダルト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カウンター

現在の閲覧者数:
はじめから読んでくださいね

■全ての記事・小説のバックナンバーを表示できます。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
プロフィール

C.B

Author:C.B
C.Bの恋愛官能小説ブログへようこそ。ここは。「ふたりの彼。玩具の私」と、その続編「妹と兄。そして震える母」の書庫になります。

■ご注意:当ブログの小説の無断使用はできません。著作権利は作者C.Bが保持しています。お問合せはページ内にあるメールフォームをご利用ください。

筆者にメール

名前:
メール:
件名:
本文:

 
応援してください
★このサイトにチップを贈る
このサイトへチップを贈る
★ポチッと応援お願いします。
書く気力が沸いてきます。
アルファポリスで応援
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)で応援
にほんブログ村ランキングで応援
ランキングサイト
相互リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
Twitter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。