スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

妹兄169

妹兄169
 中はとても熱かった。
ミィナに根元まで、深く押し込まれていた。そして、ユウキはミィナをただの、女にした。
止まらなかった。
うっとりと、互いを愛でるよう口づけを交わし、舌を絡ませ、唾液を貪っていた。
漏れ出す吐息に、頑丈なパイプベッドのスプリングが軋み、抱き合うふたりの思いが一つになっていた。
低く奏でられる粘着質な音。
そして、囁く。
アイシテル。
複雑で簡単な感情。
愛する者同士は、興奮の頂点に達し果てた。
子宮に注がれる精子。
女は肉棒に残ったものを吸い、自分のあそこを指でかき回し、すくい舐めた。
美味しい。
おいしい。
もっと。
もっと。
ちょうだい。
ここに。
ください。
ピクピクしてりゅ~
片手であそこを開き、少女のような顔で懇願する女。
男も、欲しくてたまらないと挿入を繰り返す。
そして、分かったことがあった。
突き入れると、膣中で、
肉ひだが絡まるように、
男根を包んでいくことを…。
初めての経験だった。
▼応援してもらえると、書く気力が沸いてきます。

アルファポリスで応援

にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へ
にほんブログ村で応援

関連記事

テーマ : 官能小説
ジャンル : アダルト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カウンター

現在の閲覧者数:
はじめから読んでくださいね

■全ての記事・小説のバックナンバーを表示できます。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
プロフィール

C.B

Author:C.B
C.Bの恋愛官能小説ブログへようこそ。ここは。「ふたりの彼。玩具の私」と、その続編「妹と兄。そして震える母」の書庫になります。

■ご注意:当ブログの小説の無断使用はできません。著作権利は作者C.Bが保持しています。お問合せはページ内にあるメールフォームをご利用ください。

筆者にメール

名前:
メール:
件名:
本文:

 
応援してください
★このサイトにチップを贈る
このサイトへチップを贈る
★ポチッと応援お願いします。
書く気力が沸いてきます。
アルファポリスで応援
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)で応援
にほんブログ村ランキングで応援
ランキングサイト
相互リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
Twitter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。