スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

妹兄170

妹兄170
 ミィナのそこは男にとって、本当の至福を意味していた。
盗撮してる時、交じり合う最中の父がいつもこぼしていた事があった。
『溶けそうだ』
 その意味がこれなのだと知ってしまっていた。
もっと感じさせようと、二本の指を挿すと、とても狭く感じるが、
でこぼこした肉壁に、ざらついた感触が伝わり、
無数の短い突起に覆われているように思えた。
それがまるで生き物のように、まとわりついてきていた…。

「はぁはぁはぁはぁ。アイシテル! ずっと俺の物だ!」
 激しく指を動かし続けた。
「んぁあああああああああ イクの イクの でちゃうぅうう」
 体をガクガク揺らし潮を吹き、俺を濡らした。
「あぁあああああ。私は、ずーっと前から、あなたの物なのぉ~、決まってたのぉ~、して、いっぱぃして~ 気持ち良いことしてぇ~ うふっ」
 両足を抱え、性器を丸見えにして誘うミィナのそこに、何度も何度も俺自身を突き入れた。
「狂いそうだぁあああ、ミィナァアアア」
「みんにゃそう言うよぉ~ あぁああああぁあああ ミィナのここすごいって~ あそこがとけりゅーって、んふふふふ、おかちくなるよぉ、ザーメン欲しいよぉ! はぁはぁはぁはぁはぁはぁ あああああ」
「凄いんだ、すごい! 溶けそうだ、イク イク イク!」
「いっぱい出してぇ~ あなたので汚してぇ~ ユウキぃいい いゃああああ」
▼応援してもらえると、書く気力が沸いてきます。

アルファポリスで応援

にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へ
にほんブログ村で応援

関連記事

テーマ : 官能小説
ジャンル : アダルト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カウンター

現在の閲覧者数:
はじめから読んでくださいね

■全ての記事・小説のバックナンバーを表示できます。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
プロフィール

C.B

Author:C.B
C.Bの恋愛官能小説ブログへようこそ。ここは。「ふたりの彼。玩具の私」と、その続編「妹と兄。そして震える母」の書庫になります。

■ご注意:当ブログの小説の無断使用はできません。著作権利は作者C.Bが保持しています。お問合せはページ内にあるメールフォームをご利用ください。

筆者にメール

名前:
メール:
件名:
本文:

 
応援してください
★このサイトにチップを贈る
このサイトへチップを贈る
★ポチッと応援お願いします。
書く気力が沸いてきます。
アルファポリスで応援
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)で応援
にほんブログ村ランキングで応援
ランキングサイト
相互リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
Twitter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。