スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

妹兄171

妹兄171

 ミィナを横に寝せ、片足を担ぎ、そこを深く感じようと股と股をクロスさせる様に、突き入れる。
「んはぁあああんん、奥に、おくに当たるよぉ~ 当たってるのぉ すごぃいのぉ~!」
「ミィナ! ミィナ!」
 気持ちよがる彼女に興奮するユウキ。
アイシテル
アイシテル
アイシテル
アイシテル
アイシテル
アイシテル
アイシテル
アイシテル
アイシテル
アイシテル
アイシテル
アイシテル
アイシテル
アイシテル
アイシテル
「ずっとずっとこのまま、ミィナ! ミィナ! ミィナ!」
「あぁあああああユウキ! ユウキ! アイシテル!」
 ユウキに、ミィナが溢れている。
「このまま殺して! わたちぃーをころちてぇええええ! そしたら、そしたら全部終わる、全部終わるの! 終わらせて~ このままじゃらめなのぉ~」
「やめろ! やめてくれミィナー」
「ころちて ころちてよぉー おねがーぃ あぁあああああああ じゃないとぉー じゃないとぉ~」
 コロシテとせがむほど、思いつめた女の激しい感情。
「そんなこと言わないでくれ、ミィナ!」
「死の呪!? あの子に呪われてるとでも言うのか?! あの子に… バカな! そんなこと信じられないよ」
「ユタカちょうだい! もっとちょうだいぃいいいいい、あぁああああん」
 交じり合えば引き出せると思っていたあの日の真実、長く隠されたことの答え、求めれば、求めるほど混乱する彼はいらつき、怒りをあらわにしていた。
C.Bに面白かったら。WebMoney ぷちカンパ
▼応援してもらえると、書く気力が沸いてきます。
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へ
にほんブログ村で応援

関連記事

テーマ : 官能小説
ジャンル : アダルト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カウンター

現在の閲覧者数:
はじめから読んでくださいね

■全ての記事・小説のバックナンバーを表示できます。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
プロフィール

C.B

Author:C.B
C.Bの恋愛官能小説ブログへようこそ。ここは。「ふたりの彼。玩具の私」と、その続編「妹と兄。そして震える母」の書庫になります。

■ご注意:当ブログの小説の無断使用はできません。著作権利は作者C.Bが保持しています。お問合せはページ内にあるメールフォームをご利用ください。

筆者にメール

名前:
メール:
件名:
本文:

 
応援してください
★このサイトにチップを贈る
このサイトへチップを贈る
★ポチッと応援お願いします。
書く気力が沸いてきます。
アルファポリスで応援
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)で応援
にほんブログ村ランキングで応援
ランキングサイト
相互リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
Twitter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。