スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

妹兄172

妹兄172



 会議中だと言われ止められたドアを蹴り開けたユウキ、怯える医師の前に立ちはだかり、胸倉をつかみぶん殴っていた。衝撃で飛ばされた医師はガラスつきの本棚に体を叩きつけられ、頭でガラスを割っていた。悲鳴を上げる誰かが助けを呼ぼうとした時、
「何か問題があるならそいつに聞け!」
 捨てゼリフを吐き病院を後にした。
「ママ帰ろう、もうあんな所に居なくていい」
 後部座席に座らせ、シートベルトをかけてあげた。
「どこ行くの~? おうち帰るの~? おうちおうちぃ~ ユウキも、チヒロも、パパもいるおうち~」
「うんうん、みんな待ってる、みんな…」
「やった~♪ 病院キライ~ うふふふ」
 喜ぶ母の頬を撫で、
『…どうやって探す? 俺は何一つ覚えてない、チヒロも教えてはくれないだろう… どうすれば…』

 ユウキは行きも帰りも頭が爆発しそうに考えていたが、それは目的地に辿り着けない堂々巡り、いらつきハンドルを叩くと、クラクションを鳴らしてしまっていた。ミィナは、やつれた顔で流れる風景を眺め、答えは彼女が握っている、探す真実の欠片は彼自身がそれを見つけた時、堂々巡りは終焉を迎える…。
C.Bに面白かったら。WebMoney ぷちカンパ
▼応援してもらえると、書く気力が沸いてきます。
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へ
にほんブログ村で応援

関連記事

テーマ : 官能小説
ジャンル : アダルト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カウンター

現在の閲覧者数:
はじめから読んでくださいね

■全ての記事・小説のバックナンバーを表示できます。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
プロフィール

C.B

Author:C.B
C.Bの恋愛官能小説ブログへようこそ。ここは。「ふたりの彼。玩具の私」と、その続編「妹と兄。そして震える母」の書庫になります。

■ご注意:当ブログの小説の無断使用はできません。著作権利は作者C.Bが保持しています。お問合せはページ内にあるメールフォームをご利用ください。

筆者にメール

名前:
メール:
件名:
本文:

 
応援してください
★このサイトにチップを贈る
このサイトへチップを贈る
★ポチッと応援お願いします。
書く気力が沸いてきます。
アルファポリスで応援
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)で応援
にほんブログ村ランキングで応援
ランキングサイト
相互リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
Twitter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。