スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

妹兄179

妹兄179
 アキに近づいたユウキは、悲痛な声を上げていた。
「スイマセン凄い止めたんですけど、泣き付かれてしまって… 仕方なくて」
 彼女はチヒロにだけ、ぺロっと舌を出して見せた。
「可愛くないのー? ブーブー」
「あのな、ちょっと話があるんだ」
「なに、なーに? 可愛いって言ってくれるの?」
「………。」
 ユウキは、肩を落とした。
「なんでしょう?」
「お前らが変なことするから、言うのが遅くなった。一緒に来て」
 ユウキが寝室へ向かおうとすると、
「ママだー!」
 勘付いたチヒロは、寝室に飛び込んでいた。
「ママァアアアア ママ、ママ、ママ!」
 涙があふれ、顔がぐちゃぐちゃになっていく。
「お母様戻られたんですね、今日は新しいことが始まる予感の日です~、私も嬉しいですユウキ様ぁ」
 アキも、もらい泣きしていた。
「どこにも行かないで、また一緒に暮らせるんだよねママ! 良かった、ほんとに良かったぁ~ あーんぁんあん」
 ミィナの体に障りそうでユウキは、チヒロをそっと立たせた。
「今日は外泊できる日だったんだね、何泊?」
 どう言おうか、うつむいていると、
「………。」
 ユウキにしがみいているチヒロは、暗い顔の兄を心配そうに見ていた。
「ごめん違うんだチヒロ…、実は前より悪くなってるって、体の傷は完治したけど、今の病院だと無理があるって、紹介した病院に入れなさいって…」
 ユウキは嘘を吐いた。
C.Bに面白かったら。WebMoney ぷちカンパ
▼応援してもらえると、書く気力が沸いてきます。
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へ
にほんブログ村で応援

関連記事

テーマ : 官能小説
ジャンル : アダルト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カウンター

現在の閲覧者数:
はじめから読んでくださいね

■全ての記事・小説のバックナンバーを表示できます。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
プロフィール

C.B

Author:C.B
C.Bの恋愛官能小説ブログへようこそ。ここは。「ふたりの彼。玩具の私」と、その続編「妹と兄。そして震える母」の書庫になります。

■ご注意:当ブログの小説の無断使用はできません。著作権利は作者C.Bが保持しています。お問合せはページ内にあるメールフォームをご利用ください。

筆者にメール

名前:
メール:
件名:
本文:

 
応援してください
★このサイトにチップを贈る
このサイトへチップを贈る
★ポチッと応援お願いします。
書く気力が沸いてきます。
アルファポリスで応援
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)で応援
にほんブログ村ランキングで応援
ランキングサイト
相互リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
Twitter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。