スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ふたり22(23)

注:ここからナンバリングが重複してしまっています。ここは、
”ふたり23”
です。そのうち直します…。


「なぁ 俺たちいつ死ぬんだろう?」
 自宅兼仕事場で、寝転がっているユタカが呟いた。
「分からんよ。分からんけど、死ぬときは同時に逝っちまうんだろうか…」
 頭に手を組み、同じ格好で寝ているユタカが答えた。
「保険かけてるよな俺」
「あぁ。ミィナにきちんと入るようになってる…。不自然な死に方だけはかんべんだな… それだけを祈ろう…」
「あいつ泣くかな… フゥ…」
「泣くだろうなぁ… 泣かせたくないけど… ハァ…」
「喪服のミィナ見たかったな」
「見れるさきっと」
「あっちから?」
 ユタカは上を指さした。
「そう」
 ユタカは腕を伸ばし、天井の先、そのもっと上を指さしていた。
「今日は仕事する気にならんね ハァ…」
「そうだな フゥ…」
「あいつなら良い男がすぐに見つかるさ」
「でもなぁ。俺らとの行為に慣れちまってるから、普通だと物足りないかもなぁ」
「覚えてしまった蜜の味は、簡単に忘れられない…」
「…だな」
「もう元には戻れないか… ハハ」
 乾いた笑いは、ため息交じりの会話の後、二人を無言にしていた…。
「喪服姿!」
 少しして、ユタカが跳ね起きた。
「見たいな!」
 もう一人もほぼ同時に起き上がり、
「フフッ」
「仕事も同じ頭が二個あるとはかどるし」
「今日は奮発してお外でディナーと行きますか?」
「正装で!」
「もちろん!」
『………うぷ』
『うぷぷ……』
 ニヤニヤしながら顔を見合わせる二人だった。
関連記事

テーマ : 官能小説
ジャンル : アダルト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カウンター

現在の閲覧者数:
はじめから読んでくださいね

■全ての記事・小説のバックナンバーを表示できます。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
プロフィール

C.B

Author:C.B
C.Bの恋愛官能小説ブログへようこそ。ここは。「ふたりの彼。玩具の私」と、その続編「妹と兄。そして震える母」の書庫になります。

■ご注意:当ブログの小説の無断使用はできません。著作権利は作者C.Bが保持しています。お問合せはページ内にあるメールフォームをご利用ください。

筆者にメール

名前:
メール:
件名:
本文:

 
応援してください
★このサイトにチップを贈る
このサイトへチップを贈る
★ポチッと応援お願いします。
書く気力が沸いてきます。
アルファポリスで応援
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)で応援
にほんブログ村ランキングで応援
ランキングサイト
相互リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
Twitter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。