スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

188

妹兄188ミィナとサイトウ

 ミィナはサイトウの勤める大学病院で特別に割り当てられた個室に入院させられ、症状がいつ悪化しても対処できるよう、仮住まいのような暮らしをしていた、定期的な検査日以外は、病院側の規則とは無関係に食事や睡眠、外出も自由になっていたが、朝は看護師がやって来て、身の回りこともやってくれるのを申し訳なく思い、自分でやると言っていたが、いつも断られていた。
「シーツだけはね変えさせてね、じゃないと仕事してるのって言われちゃうし、ここでミナヨさんに愚痴聞いて貰えるのが嬉しいのもあるけどぉ、うふふっ」
「こないだ聞いた彼とは、うまくいってる?」
「こっちが夜勤、あっちが日勤とかだとすれ違うばっかりで厳しいぃ、どっかに良い男居ませんかねぇ、こっちの時間に合わせてくれるような~ あははっ」
「難しいわよね時間のすれ違いって、会いたいのに会えない…、私なんかからしてみたら、病院なんて玉の輿ばっかりなんじゃないのって思えるけど、サイトウ先生とかはどうなの?」
「ぇ、サイトウ先生! なんでサイトウ先生なんですか?」
 食い入るように見つめてくる看護師に、
「な、なんとなくだけど変なこと聞いた?」
 ミィナの額から汗が吹き出そうになっていた。
「へぇ~、なるほど院内恋愛ですね、こればっかりは運命しかないし、言わないで下さいね、ここだけの話しですよ? あの人堅物なんです、真面目一直線でたまに疲れます…」
「あぁそういうこと、確かに、あははは」
 引き出しからタバコを取り、思わず口にあてがったミィナ。
「あっダメです、タバコだけは所定の場所で吸ってください」
「あぁごめん口寂しくてつぃ、一日に何本も吸わないから、止めてもいいんだけど、お店閉めちゃったから手持ち無沙汰なの」
▼C.Bに面白かったらぷちカンパ
C.Bに面白かったら。WebMoney ぷちカンパ
▼応援してもらえると、書く気力が沸いてきます。
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へ
にほんブログ村で応援

関連記事

テーマ : 官能小説
ジャンル : アダルト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カウンター

現在の閲覧者数:
はじめから読んでくださいね

■全ての記事・小説のバックナンバーを表示できます。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
プロフィール

C.B

Author:C.B
C.Bの恋愛官能小説ブログへようこそ。ここは。「ふたりの彼。玩具の私」と、その続編「妹と兄。そして震える母」の書庫になります。

■ご注意:当ブログの小説の無断使用はできません。著作権利は作者C.Bが保持しています。お問合せはページ内にあるメールフォームをご利用ください。

筆者にメール

名前:
メール:
件名:
本文:

 
応援してください
★このサイトにチップを贈る
このサイトへチップを贈る
★ポチッと応援お願いします。
書く気力が沸いてきます。
アルファポリスで応援
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)で応援
にほんブログ村ランキングで応援
ランキングサイト
相互リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
Twitter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。