スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

189

妹兄189
「そうですね、でもミナヨさん、手持ち無沙汰を一つ解消して上げましょうか?」
「なんだろう」
「ミィナさん、どストライクだと思います」
「何が?」
「サイトウ先生の気の入れようが違うってこと~」
「えええぇ、それはそうよ~、私だってもう先生以外頼れる人居ないんだから」
「うふふっ」
 意味ありげに看護師は笑み、血圧や体温を計って帰って行くとサイトウ医師とすれ違っていた。
「あっ先生おはようございます」
「おはようおはよう、今日も宜しく特に何も無いよね?」
「いぇ、もしかしたらちょっと心拍数が上がってるかもしれませんよ? 先生のも計りましょうか? うふっ」
「ふぅ…」
 パタパタ駆けて行く看護師に首をかしげたサイトウは、今日は特に気が重かった、オカムラミナヨにとって必ずしも吉報ではない話をしなければならず、それとは別に、数日前から断られ続けている事も説得しようとしていて、緊張の色は隠せなかった。

 テラスに出ていたミィナは、息子が東京へ行く直前に起こしたある事件のことを考えていた、隣に住む仲の良い中年夫婦の部屋で、ある物が盗まれたと連絡が入った日のことだ。
『気づくのが遅かった…、さっき分ったんだ、ミィナの大事な物を盗まれちまってた、預かっていたあの小さな包みだ、そん時うちのとあんたが戸籍交換したメモも見られたと思う…、それに驚くなよ、もっと大変なことが…、あんたは俺が何者なのかなんとなく分かってたよな? 俺な実弾入りの拳銃所持してたんだ、やくざの頃のなごり、そ、それも盗まれちまったんだよぉ~、こんなことするの、あいつしか居ないだろう? アキラにバカは止めろって、どこかに捨てろって説得してくれ! おぃ、聞いてるのかミィナ!』

 だが母にはどうすることもできなかった、彼らには二度と会ってはいけない、話すことも、これは自業自得なのだと固く心に誓いを立てていたからだ、手帳や戸籍の件はどうでもよかった、拳銃のことだけが気がかりでならなかったが、今のミィナに祈る事以外、残されたスベはなかった。
▼C.Bに面白かったらぷちカンパ
C.Bに面白かったら。WebMoney ぷちカンパ
▼応援してもらえると、書く気力が沸いてきます。
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へ
にほんブログ村で応援

関連記事

テーマ : 官能小説
ジャンル : アダルト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カウンター

現在の閲覧者数:
はじめから読んでくださいね

■全ての記事・小説のバックナンバーを表示できます。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
プロフィール

C.B

Author:C.B
C.Bの恋愛官能小説ブログへようこそ。ここは。「ふたりの彼。玩具の私」と、その続編「妹と兄。そして震える母」の書庫になります。

■ご注意:当ブログの小説の無断使用はできません。著作権利は作者C.Bが保持しています。お問合せはページ内にあるメールフォームをご利用ください。

筆者にメール

名前:
メール:
件名:
本文:

 
応援してください
★このサイトにチップを贈る
このサイトへチップを贈る
★ポチッと応援お願いします。
書く気力が沸いてきます。
アルファポリスで応援
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)で応援
にほんブログ村ランキングで応援
ランキングサイト
相互リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
Twitter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。