スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

190

妹兄190

 サイトウは、風に当たってたたずむミィナを見ていた。
「おはようございますオカムラさん」
「あっ、おはよう先生」
「やっと分かりました…」
「…そうですか」
「今、お話ししてもよろしいですか?」
「えぇ構いませんから続けてください…」
「はい…、ユタカさんは、マンションから転落した際に頭を強打し、脳挫傷によるショック死だったそうです、直接の目撃者は居なかったそうですが、直後に近隣の人が救急車を呼んでいたと言うことでした」
「救急治療を行った医師の話しだと、それ以外特に死に至るような症状は見当たらなかったそうです…」
「はい…」
「警察の調べでも事件性は無くて、突発的な体調の変化、眩暈や何かを起こして落ちてしまったのだろうと…」
「たった二階から落ちたんですね…」
『あの手すりは、よじ登りでもしない限り向こう側へ行けるはずは…、ユタカはあそこかを飛び越えて死んだ…』
 ここも二階だった、ミィナは中庭に設置されている変電設備を見つめていた。
「…そうです」
「本当にそれ以外、不審な症状は無かったんですか? 不振な何かを見た人とか、私にあるような腫瘍とかは?!」
「脳外科のつてを使って調べてもらいましたが、それ以上のことは…」
「その時、そのときもう一人はどうしていたか分かりませんか?」
「すいません、そこまではさすがに…」
「この腫瘍は、私にしか無い物なのでしょうか?」
「何も特定できないんです、あなたの症状は説明したとおりの物で…」
「もう一人に会ってみないとですね?」
 ミィナは彼の言いたい事が分かっていた。
「せめてお子さんたちに連絡出来ませんか…」
「…それは出来ません、息子と約束したんです、娘も私を捨てました…、彼への約束は絶対なんです」
「なんて親子なんだ、自分の命と引き換えにするとでも…、あなたは母親だ、母親以外の何者でもないのは分る、でも強い、強すぎるんです」
 思わず本音をもらすサイトウだった。
「先生は独身ですよね? 子供のことなんかお分かりにならないでしょうね…」
▼C.Bに面白かったらぷちカンパ
C.Bに面白かったら。WebMoney ぷちカンパ
▼応援してもらえると、書く気力が沸いてきます。
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へ
にほんブログ村で応援

関連記事

テーマ : 官能小説
ジャンル : アダルト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カウンター

現在の閲覧者数:
はじめから読んでくださいね

■全ての記事・小説のバックナンバーを表示できます。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
プロフィール

C.B

Author:C.B
C.Bの恋愛官能小説ブログへようこそ。ここは。「ふたりの彼。玩具の私」と、その続編「妹と兄。そして震える母」の書庫になります。

■ご注意:当ブログの小説の無断使用はできません。著作権利は作者C.Bが保持しています。お問合せはページ内にあるメールフォームをご利用ください。

筆者にメール

名前:
メール:
件名:
本文:

 
応援してください
★このサイトにチップを贈る
このサイトへチップを贈る
★ポチッと応援お願いします。
書く気力が沸いてきます。
アルファポリスで応援
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)で応援
にほんブログ村ランキングで応援
ランキングサイト
相互リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
Twitter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。