スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

193

妹兄193
 隅に置かれたビデオカメラのビューワーにRECマーク点滅している。微かな動作音を響かせ、ミィナのその時の様子が記録されていき、万が一何かあればすぐに対応できるようにと置かれたAED(自動体外式除細動器)も隅に置かれサイトウはそれが使われないことを願い、老医師の質問は静かに続いている。
《分裂とはあなたにとって何なのでしょう?》
「ユタカたちが、私たちに残した呪い…、でも、分からない、ハァハァハァハァ…」
 サイトウは固唾を飲んで見守っている。
《その瞬間の場面に戻れますか?》
「分からない…、
どうして分かったんだろう…、
どうして自分が二人になったって分かったの…、
どうして…、
あぁ、子供の声…、
寂しそうに、
泣いてるような…」
《子供がそこに居るんですか?》
「声だけです…
白いベッド…、
寝室のベッドは白くなかった…
床…、
白い床…、
バスルームぅうううう…」
 ミィナはうなされ始めた。
《あなたが、分裂した瞬間に居た場所がバスルームだった?》
「はぁはぁはぁはぁ」
 シャワーカーテンの向こう、流れている水の音、誰かの気配…、ミィナはその時に戻っていた。
「うぁあああああああああああああああ!」
 絶叫だった、苦しみ始めたミィナは、周りの何かを必死に追い払おうともがき、暴れ始めた。
「ああああああああ、顔が見える! 子供!」
《子供は知ってる子ですか?》
「あぁあああああああ! ぎゃっぁああああああああああ!」
《知ってる子供がそこにいるんですね?》
「知らない! 知らない! 怖い怖い怖い怖い、いやだいやだいやだいやだあああああああ!」
 怯えるだけの彼女は喚き散らし痙攣しはじめると、そして絶叫の後、バウンドしたと思ったとたん、宙に浮かんでいた。カメラのビューワーにはノイズが唐突に走り、何者かが彼女の上にのしかかり叫んでいるようにも見える小さな生き物が写りこんでいたが、すぐに消え、それは暗がりの部屋で見た幻覚かもしれなかった。だが、ほんの一瞬の出来事が医師たちの目には永遠のように思えていた。
「あぁあああ、こ、これは! 彼女はいったい」
「危ない! 極度の緊張で筋肉が収縮してる…、こんなことは… こんなこと… 中止します」
 驚きながらも冷静に対処する老医師、サイトウは蒼ざめた顔の彼女のばたつく手足を押さえ、AEDの場所を確認していた。

関連記事

テーマ : 官能小説
ジャンル : アダルト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カウンター

現在の閲覧者数:
はじめから読んでくださいね

■全ての記事・小説のバックナンバーを表示できます。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
プロフィール

C.B

Author:C.B
C.Bの恋愛官能小説ブログへようこそ。ここは。「ふたりの彼。玩具の私」と、その続編「妹と兄。そして震える母」の書庫になります。

■ご注意:当ブログの小説の無断使用はできません。著作権利は作者C.Bが保持しています。お問合せはページ内にあるメールフォームをご利用ください。

筆者にメール

名前:
メール:
件名:
本文:

 
応援してください
★このサイトにチップを贈る
このサイトへチップを贈る
★ポチッと応援お願いします。
書く気力が沸いてきます。
アルファポリスで応援
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)で応援
にほんブログ村ランキングで応援
ランキングサイト
相互リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
Twitter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。