スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

194

妹兄194
「あなたは光を感じたら、目覚めます」
「いゃああああああ~!」
「ミナヨさん、しっかりするんだ、ミナヨ!」
 サイトウは暴れる彼女を押さえ、名前を呼んでいた。
「もう大丈夫です、だいじょうぶですよ今のはただの夢です、この指何本に見えますか?」
 老医師は手を振っていた。
「はぁはぁはぁはぁ… 指? それはペンライトです…」
「はい正解、少しそこのベッドでお休みになってくださいね、すぐに動いちゃだめですからね? ちょっと用足しに行ってくる、サイトウ先生後で話そう」

 老医師がデスクからタバコを取り外へ出てい行くと、サイトウはミィナを抱き上げ、ベッドに寝かしつけると、汗ばんだ額をハンカチでぬぐってあげた。
「ハァハァハァ」
 記憶の中に落ちてしまった彼女は、何かを見てしまっていたが目の覚めた今、夢のような出来事にはっきりとは思い出せず、ただ怯えながら彼の手を握りしめていた。
「怖かった、怖かったです、もうこんなことイヤです、ものすごい悪夢を見てたような、恐怖しか残ってない…」
「大丈夫、だいじょうぶだから」
「わ、わたしの名前は違うんです、ちがうんです…」
「ミイナさんの方がしっくりきますか?」
「ぁああああ」
 わっと泣き出してしまった彼女を抱き止めたサイトウは、ミィナを見つめたまま唇を求めていた、口づけされてしまったミィナは、思いも寄らない事に驚き泣きやんでしまっていた。
「あなたのことを愛してる」
『ぇえ…』
 動揺してるミィナを、彼はいっそう強く抱きしめ、その細い肩をさすっていた。
「もぅこんな目にはあわせない…、はじめ僕は、あなたたちを引き合わせた上で、検査しようと考えていましたでも…、今回のことで直接会わせるのはまずいと思っています、一人で行動する気だったんですか? それとも、本当に諦めてしまったんですか?!」
▼C.Bに面白かったらぷちカンパ
C.Bに面白かったら。WebMoney ぷちカンパ
▼応援してもらえると、書く気力が沸いてきます。
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へ
にほんブログ村で応援
関連記事

テーマ : 官能小説
ジャンル : アダルト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カウンター

現在の閲覧者数:
はじめから読んでくださいね

■全ての記事・小説のバックナンバーを表示できます。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
プロフィール

C.B

Author:C.B
C.Bの恋愛官能小説ブログへようこそ。ここは。「ふたりの彼。玩具の私」と、その続編「妹と兄。そして震える母」の書庫になります。

■ご注意:当ブログの小説の無断使用はできません。著作権利は作者C.Bが保持しています。お問合せはページ内にあるメールフォームをご利用ください。

筆者にメール

名前:
メール:
件名:
本文:

 
応援してください
★このサイトにチップを贈る
このサイトへチップを贈る
★ポチッと応援お願いします。
書く気力が沸いてきます。
アルファポリスで応援
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)で応援
にほんブログ村ランキングで応援
ランキングサイト
相互リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
Twitter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。