スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

195

妹兄195
 少しの沈黙の後、サイトウが言った。
「ハムラミイナ…」
「えっ、ハムラ? 私の本当の名前は…」
「カミオカミイナですね?」
「あぁあああ、まさか、まさか! もう一人の?!」
 彼を見つめる目が険しくなった。
「恋人の事故を調べていたら、あなたの名前は違っていました…」
『あぁあああああ』
 茫然としたミィナは顔を隠すように両手で覆い、ヒロミに雇われていた頃の事を思い出してしまった。
『あれは私の過失…、人が焼け死んだんだ…、私は発覚するのが怖くて逃げただけ? 全部娘の為にとすり替えた?!』
「これ以上あなたに迷惑はかけられない、私は犯罪を犯しているんです! 逃げて来ただけなんです! 嬉しかったあなたに会えて…、でもこうなっていくことは分かってた、もう一人はどこに居るんです! 家族、子供は!」
「いつか本当の事を話してくれますか?」
 震えるミィナを、サイトウは鎮めようと肩を抱くと彼女は頷いていた。
「大変な事故にあわれたショックで、心療クリニックで治療中でした…」
「誰か亡くなったんですか?! まさか…」
「旦那さんが亡くなっていました…、二人居たお子さんたちは無事のようでした」
「子供がいるんですね! 子供たちの名前は?! 住所も教えてくださいお願いです!」
 ミィナはサイトウの胸を揺さぶっていた。
「まず僕に手紙を書かさせて下さい、採血できるようお願いする内容の手紙を、それをハムラの息子さんに出させてください」
「連絡が取れたら…、会いに行くんですか?」
「僕が行くのは何も問題が無いはずです、ハムラさん一家が無理でも、あなたのお子さんたちには会わないと、あなたの手術だけはなんとしてでも承諾してもらわないと…」
「あぁああ…、もう関わらないでください恐ろしいんです、あなたにもし何かあったら…、私はわたしは…」
「約束しましたよね? 僕はあなたのプライベートは一切口外しないと、そして僕はあなたを…、まだ信用してもらえませんか?」
「そういうことではないんです、私は先生のことがたまらなく心配なんです!」
『私もあなたを…』
 自分の気持ちに気づいてしまったミィナは、見つめられていた目を逸らし戸惑っていた。
▼C.Bに面白かったらぷちカンパ
C.Bに面白かったら。WebMoney ぷちカンパ
▼応援してもらえると、書く気力が沸いてきます。
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へ
にほんブログ村で応援
関連記事

テーマ : 官能小説
ジャンル : アダルト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カウンター

現在の閲覧者数:
はじめから読んでくださいね

■全ての記事・小説のバックナンバーを表示できます。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
プロフィール

C.B

Author:C.B
C.Bの恋愛官能小説ブログへようこそ。ここは。「ふたりの彼。玩具の私」と、その続編「妹と兄。そして震える母」の書庫になります。

■ご注意:当ブログの小説の無断使用はできません。著作権利は作者C.Bが保持しています。お問合せはページ内にあるメールフォームをご利用ください。

筆者にメール

名前:
メール:
件名:
本文:

 
応援してください
★このサイトにチップを贈る
このサイトへチップを贈る
★ポチッと応援お願いします。
書く気力が沸いてきます。
アルファポリスで応援
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)で応援
にほんブログ村ランキングで応援
ランキングサイト
相互リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
Twitter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。