スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ふたり24

 ミィナは、そそくさと身支度し、出入り口の脇にある、出先用パネルに”禿げ!打ち合わせ!”続けて、急用直帰と書き連ね、ペンを元の所へ放り会社を後にした。
『デートするの久しぶり~ ワクワクしちゃう♪ でも、どっちが来る? まさか3人!?』
 エスカレーターから一階へ降りると、大通りの向こうに広い公園が広がっていて、青々した草木が目に飛び込んできた。地下鉄への入り口はすぐそこにあったが、彼女は歩道橋を渡り、公園を突っ切った先にある別の入り口を目指した。
『このベンチで告白されたんだよ~嬉しかったなぁ。私がここでいつもお昼食べてるの知ってって。素直にストレートに言われて、キスまでされちゃった~。アハ。あの時のことを思うと、今でも心がいっぱいになってしまう…
 でも。でも。でも… 思い出になってしまうの?』
 急に走り出したミィナに、そこここにいる鳩たちが驚き、一斉にバタバタと
飛んで行った。
▼応援してもらえると、書く気力が沸いてきます。

アルファポリスで応援

にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へ
にほんブログ村で応援
関連記事

テーマ : 官能小説
ジャンル : アダルト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カウンター

現在の閲覧者数:
はじめから読んでくださいね

■全ての記事・小説のバックナンバーを表示できます。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
プロフィール

C.B

Author:C.B
C.Bの恋愛官能小説ブログへようこそ。ここは。「ふたりの彼。玩具の私」と、その続編「妹と兄。そして震える母」の書庫になります。

■ご注意:当ブログの小説の無断使用はできません。著作権利は作者C.Bが保持しています。お問合せはページ内にあるメールフォームをご利用ください。

筆者にメール

名前:
メール:
件名:
本文:

 
応援してください
★このサイトにチップを贈る
このサイトへチップを贈る
★ポチッと応援お願いします。
書く気力が沸いてきます。
アルファポリスで応援
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)で応援
にほんブログ村ランキングで応援
ランキングサイト
相互リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
Twitter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。