スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

206

妹兄206
 ユウキは頭を抱え泣いていた、どうしようもなく泣いていた、ミィナが消毒液で血まみれの拳を手当てするのを拒み、備え付けてあった救急箱を払い落としていた。
「俺はもう二度とママを抱かないって誓ったんだ! どんどん自分が壊れていきそうで怖いんだ、ママお願いだよ昔に戻って!」
「ねぇこれ見て」
 そう言うとミィナは、ある物をユウキに見せてめくっていた。
「どうして今…」
「ほらここぉ」
 それは前の病院から大事にし、触れると嫌がり、誰にも見せようとしなかったカレンダー、ミィナは三ヶ月先のある日に赤いペンで丸く囲っていた。
「ほらぁこの日、この日で全てから開放されるのぉ、だから泣かないで、その日が来たら昔みたいに笑えるんだよ? 嘘じゃないよ嘘じゃない、ユタカは愛してるって最後の最後に言ってくれたんだよぉ、ママ凄く嬉しかったぁ~」
「この日で全てが終わるって…、どういう意味なの? それは俺らのライブの決行日なんだよ。なんで知っているの、あぁサワダに…」
 ユウキはその日に何が起こるのか必死に考えていた。
「…そうねぇミソギ、そうかもしれないな、だからユウキはぁ~、私を抱かないといけない、また変な男が言い寄って来ないようにぃ、ねぇ~」
「ダメだよママ…、今日は相談したい事があって来たんだ!」
「いゃぁああああ、これをちょうだいユウキのこれぇ、おしゃぶりだけさせて、モグモグしたいの、ユウキのを味わいたいのぉ」
「ダメだよママ! そんなことしちゃいけない」
 ユウキは昂ぶった気持ちを押さえミィナの両肩に手をかけ、たしなめていく。
「ママはいつか言ったよね、死のうって、俺を殺すって…、もうどうしていいか分からないんだ、チヒロはママ、昔のままのミィナに会いたがってる、俺も同じなんだ、ママの心の病気は、もうほとんど良くなってるってクサナギ先生は言ってた、外泊だって普通にできるって、今のママは俺たちを弄んでるんだよ、どうしてそんなことするんだ、このまま俺と一緒に死ぬ? 死んでもいい俺は構わない、でも残されたチヒロはどうなるの? チヒロもママの大事な大事な娘じゃなかったの?!」

関連記事

テーマ : 官能小説
ジャンル : アダルト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カウンター

現在の閲覧者数:
はじめから読んでくださいね

■全ての記事・小説のバックナンバーを表示できます。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
プロフィール

C.B

Author:C.B
C.Bの恋愛官能小説ブログへようこそ。ここは。「ふたりの彼。玩具の私」と、その続編「妹と兄。そして震える母」の書庫になります。

■ご注意:当ブログの小説の無断使用はできません。著作権利は作者C.Bが保持しています。お問合せはページ内にあるメールフォームをご利用ください。

筆者にメール

名前:
メール:
件名:
本文:

 
応援してください
★このサイトにチップを贈る
このサイトへチップを贈る
★ポチッと応援お願いします。
書く気力が沸いてきます。
アルファポリスで応援
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)で応援
にほんブログ村ランキングで応援
ランキングサイト
相互リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
Twitter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。