スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

207

妹兄207
「…答えてもいいけど、どうせ信じないし無理だし、あなたたちはもっと混乱することになる…、もっともっと気が狂いそうになる話しなの…、イチロウさんは本当の私を見ないで旅立って良かったと思うよぉ、そうねあの子、チヒロちゃんが一番可愛そうよね…、こんな私に育てられて…、でも、どうしようもない…、ずっとずっと嘘を突き通してきた私は、今のこの姿がとても気に入っているのぉ、後の事なんかどうでもいい! もうどうなってもぉお!」
「でもね…、一つだけ言ってあげる、私はあなたを殺して自分も死のうとした…、もうずっとずっと昔の話し… ねぇ、この首の傷覚えてる? うふふ」
 ネグリジェをはだけさせ見せる首の根元辺りにある傷。それは昔、もっと生々しかったことを、ユウキはよく覚えていた。
「でも殺せなかった、私も死ねなかった…、分かる? お前に私の苦しみが分かる? お前は私の大事な宝物! そして気が狂っていくようにあなたを愛し始めた…、ユタカを追い出せるのはあなたしか居なかったから~」
「”あいつ”が現れて良かったのよ、だって目を覚まさせてくれたから…、絶対に追い出せないんだってことを! だからその日が来るのを待ってるだけぇ~、くふふふふふふっ~」
 ユウキは猛然とまくし立てるように話す母を見ていた。そして彼女が何か、とてつもない何かに苛(さいな)まれているんだと、事故の時に現れた”あいつは”その引き金を引いただけで、母は自分の中に本物の呪いを抱えているんだと感じていた。
「…あいつ、あいつって誰なの? もういいよ、もうたくさんだ! その印を付けた日に何が起こると思っているの? 全部話してよ!!」
「何が起こるのだろうねぇ うふふふふぅ~」
「あぁああ違う、ちがうちがうんだ! 命日だ! その日はユタカパパの死んだ日だ。そうなんだね? ミィナ!」
 これ以上ない程のチャンスを掴めそうなライブ日と偶然の重なりに気づき、真剣な眼差しの息子をせせら笑うかのように、母は不適な笑みを見せていた。
「あなたが~、あいつぉ~連れてくるのぉ~、もうあまり時間は無い…、あいつは今でも皆を救う気でいる、私には分かる、どんなに離れてても分かる、それを私が分からせてやる! 生きているだけの絶望を!」
「ぁああああ…、ママ…」
「お前はもうここに来なくていい! お前なんか産まなければ良かったんだ! どこへでも消え失せろ! そう消えて無くなるのだからぁぁああああ」
「ミィナ…」
 懇願するような目で母を見つめるユウキ、その秘めた狂気を目の当たりにし、彼女を抱き止めることもできずただ立ちすくんでいた。

関連記事

テーマ : 官能小説
ジャンル : アダルト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カウンター

現在の閲覧者数:
はじめから読んでくださいね

■全ての記事・小説のバックナンバーを表示できます。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
プロフィール

C.B

Author:C.B
C.Bの恋愛官能小説ブログへようこそ。ここは。「ふたりの彼。玩具の私」と、その続編「妹と兄。そして震える母」の書庫になります。

■ご注意:当ブログの小説の無断使用はできません。著作権利は作者C.Bが保持しています。お問合せはページ内にあるメールフォームをご利用ください。

筆者にメール

名前:
メール:
件名:
本文:

 
応援してください
★このサイトにチップを贈る
このサイトへチップを贈る
★ポチッと応援お願いします。
書く気力が沸いてきます。
アルファポリスで応援
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)で応援
にほんブログ村ランキングで応援
ランキングサイト
相互リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
Twitter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。