スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ふたり1

謎の怪奇現象に犯された恋人。そして、死に行く者を愛するヒロイン。神岡美伊那の悲しい恋の微オカルト官能小説。
あらすじ:いつのまのか3Pになったふたりの営み。彼たちに翻弄され玩具にされていく私。だけど、突然現れた二人目の彼の正体は…、謎に包まれていた。
「ふたりの彼。玩具の私」
作:C.B

 頭が痛かった。
偏頭痛の痛みじゃなくて…
彼…は、
私の足指にキスし…
もう一人の彼と舌を絡めてる…私。
少し前から私たちのS・E・Xは
3Pになってしまった…。
これは”はじめの彼の”願望だったはず…。
いや、2番目の彼?
…も、もしかしたら…私の願望?
もう、何も考えられない…
彼たちに弄ばれる私は…
まるで子供が無邪気に遊ぶ
おもちゃ…。


 日曜の明け方。
目覚める前からふたりに弄られてる私…
眠くてどうしようもない私に彼らは囁く…。
「愛してる。みぃな…」
「僕の方がもっと愛してる…」
「あぁん ユタカー私も愛してるよ」
 彼らにされるがまま…愛され
思ってることを素直に言って後悔した…。
「どっち?」
「どっちだい?」
「僕だよね?」
「ぁん? 僕だろう…」
 口論が始まると手に負えない…
どっちもと言えば、
エスカレートするに決まってる…
だからこう言い返すしかなかった。
「ユタカが好き!
 ユタカが好き
 好き好き好き
 早く…」
 彼らは言い合うのを止め、
寝乱れたスゥエット姿の私を見つめる。
▼応援してもらえると、書く気力が沸いてきます。

アルファポリスで応援

にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へ
にほんブログ村で応援
関連記事

テーマ : 官能小説
ジャンル : アダルト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カウンター

現在の閲覧者数:
はじめから読んでくださいね

■全ての記事・小説のバックナンバーを表示できます。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
プロフィール

C.B

Author:C.B
C.Bの恋愛官能小説ブログへようこそ。ここは。「ふたりの彼。玩具の私」と、その続編「妹と兄。そして震える母」の書庫になります。

■ご注意:当ブログの小説の無断使用はできません。著作権利は作者C.Bが保持しています。お問合せはページ内にあるメールフォームをご利用ください。

筆者にメール

名前:
メール:
件名:
本文:

 
応援してください
★このサイトにチップを贈る
このサイトへチップを贈る
★ポチッと応援お願いします。
書く気力が沸いてきます。
アルファポリスで応援
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)で応援
にほんブログ村ランキングで応援
ランキングサイト
相互リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
Twitter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。