スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

212

212
「来い!」
 彼にかしずくユィナはいつものように唇を交わし、裸の股間で朝立ちのように勃起してるそれに奉仕をはじめた。
「お前の願いをどうしようか考えていた…。
 行きたいに決まってるよなぁ、
 たまには息抜きが必要か?」
 ユィナを見つめるアキラ。
『そうなの?!』
 そう思うと嬉しく、アキラをもっと気持ちよがらせたく、熱心にフェラチオを繰り返した。
「もっと強く、そうだ、手もつかえ」
 ポニーテールを掴まれ激しく揺らされるユィナ、口腔と擦れあうペニス、唾液と絡まる音がいっそう激しくなっていく。
「飲みたいか?」
「はぃ」
「本心で言え!」
「アキラ様の白いドロドロの種が欲しいです、今日も味わいたい。本当です、ユィナの一番いやらしい所にも、入れて欲しい…」
「俺がそう言えと言っているからだろう?」
「違う、違います。好きだから…」
「アキラ様が! だろう?」
 しっぽ髪を掴んだまま乱暴にユィナをペニスから引き離すと、鏡の前に立たせた。
「痛い、痛いよぉ、ごめんなさい、ごめんなさいアキラ様」
 髪はもみくちゃに、こんな会話があれから毎日のように続いている。
「ふふっ」
 不敵に笑み、少し前に買って来ていた金属製の収納タンス。一番上を開くと、浅い引き出しの中、整頓された悦楽の小道具たちが並んでいる。どれにしようと指で遊び、束ねられた麻縄を選んでた。
「脱げ、それともそのまま服の上から縛り付け、ガキ共のいる母屋に連れて行こうか? ふふっ」
 ほどきながら縄の一部を口に含み、たっぷりの唾で舐め上げるアキラ。
「ダメです! そんなことをしたらここに一緒に居られなくなります。それだけは止めてください」
▼ポチッと応援してくださいね
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へ
にほんブログ村で応援
▼C.Bに面白かったらぷちカンパ
C.Bに面白かったらWebMoneyぷちカンパ
関連記事

テーマ : 官能小説
ジャンル : アダルト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カウンター

現在の閲覧者数:
はじめから読んでくださいね

■全ての記事・小説のバックナンバーを表示できます。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
プロフィール

C.B

Author:C.B
C.Bの恋愛官能小説ブログへようこそ。ここは。「ふたりの彼。玩具の私」と、その続編「妹と兄。そして震える母」の書庫になります。

■ご注意:当ブログの小説の無断使用はできません。著作権利は作者C.Bが保持しています。お問合せはページ内にあるメールフォームをご利用ください。

筆者にメール

名前:
メール:
件名:
本文:

 
応援してください
★このサイトにチップを贈る
このサイトへチップを贈る
★ポチッと応援お願いします。
書く気力が沸いてきます。
アルファポリスで応援
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)で応援
にほんブログ村ランキングで応援
ランキングサイト
相互リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
Twitter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。