スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

213

213
 凝った作りのメイド服、ヒロミが彼女の為だけにオーダーメイドで作らせた特注品。慌てながら脱いでいくと、淡いエメラルドグリーン、柔らかい生地で高級そうな、部位が透けて見えるシースルーの下着、真っ白なガーターベルトを身にまとうだけになっていった。
「俺は俺の立場を簡単に壊したりしない、ここは俺にとって天国…、だが忘れるなよ、お前への陵辱が始まったに過ぎない事を、お前が全てを捧げる日、お前は俺だけの物になるんだ!」
 言われるがまま、されるがまま、アキラの命令は絶対だと、この数ヶ月を過ごし。彼女の体には、服を着た外見からは分からぬよう、巧妙に付けられたきつい仕置き痕が、その美しい肢体に刻印され続け這い周り、アキラが俺の愛と呼ぶ生なましい傷たち、消えようとするとまた新たな傷が縦横無尽にこさえられ、娘の身を壊していくにように見える。そして、今もまた白い肌をきつく入念に括られ、縄が喰い込むたび呻き声をあげ、
「嬉しいです。アキラ様、とっても嬉しいです」
 口にするのがやっとのような、か細い声。感謝の言葉を繰り返す。

「どうだ?」
 縛り終え、性器の割れ目から腰に結んだ縄を通し、わざと垂れるように伸ばした縄の端、アキラはそれを真上に吊り上げもてあそぶと、大きな鏡越し、苦悶の表情を浮かべる義理の妹を満足げに見ていた。
「嬉しい」
 鏡の中の自分を蕩(とろ)けたような目で見つめ、上気したような赤ら顔のユィナが半開きの唇で呟く。
▼ポチッと応援してくださいね
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へ
にほんブログ村で応援
▼C.Bに面白かったらぷちカンパ
C.Bに面白かったらWebMoneyぷちカンパ
関連記事

テーマ : 官能小説
ジャンル : アダルト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カウンター

現在の閲覧者数:
はじめから読んでくださいね

■全ての記事・小説のバックナンバーを表示できます。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
プロフィール

C.B

Author:C.B
C.Bの恋愛官能小説ブログへようこそ。ここは。「ふたりの彼。玩具の私」と、その続編「妹と兄。そして震える母」の書庫になります。

■ご注意:当ブログの小説の無断使用はできません。著作権利は作者C.Bが保持しています。お問合せはページ内にあるメールフォームをご利用ください。

筆者にメール

名前:
メール:
件名:
本文:

 
応援してください
★このサイトにチップを贈る
このサイトへチップを贈る
★ポチッと応援お願いします。
書く気力が沸いてきます。
アルファポリスで応援
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)で応援
にほんブログ村ランキングで応援
ランキングサイト
相互リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
Twitter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。