スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

214

214
「今日もいい感じで縛れたぞ、ショーツからボタボタ落ちるくらいあそこを濡らせ! お前は俺に触れられただけで、果ててしまう俺だけのおもちゃになるんだ!」
「頭の中が真っ白になっていきます。アキラ様との行為だけがあたしの幸せ。ヌルヌルになるあそこだけがあたしの本性、お願いします。お願いです、淫らなメスのあそこにアキラ様の大きく硬いペニスで戒めてください、もっと悪い汁を外に掻き出してください。お願いです、お願いします」

 ユィナは毎日のように行われる悦楽の儀式、その迷宮の淵に留まる事を選んでいた。それは彼女にとってアキラと交わり、献身を証明できる大切な時間。兄へのかしゃくの念、死者への報い、絶望の中で唯一生きていることが許され、奴隷として存在を証明できる幸せなひと時。調教され開発されていく娘の体は徐々に目覚め、アキラを喜ばせたいと言う、性への憧れにも似た貪欲な好奇心に満ちてもいたが、誰かを愛する余り、そうなるしかなかったユィナ。だが、男は容赦なく妹を追い込んでいく。
「欲しいんだ?」
「はぃ、疼いています。欲しくて欲しくてたまらず、熱いです」
「くふっ、さぁバスルームへ行こうか、服を着ろ」
「はぃ」
 妹は嬉々(きき)としてメイド服に身を包んでいく。
▼ポチッと応援してくださいね
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へ
にほんブログ村で応援
▼C.Bに面白かったらぷちカンパ
C.Bに面白かったらWebMoneyぷちカンパ
関連記事

テーマ : 官能小説
ジャンル : アダルト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カウンター

現在の閲覧者数:
はじめから読んでくださいね

■全ての記事・小説のバックナンバーを表示できます。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
プロフィール

C.B

Author:C.B
C.Bの恋愛官能小説ブログへようこそ。ここは。「ふたりの彼。玩具の私」と、その続編「妹と兄。そして震える母」の書庫になります。

■ご注意:当ブログの小説の無断使用はできません。著作権利は作者C.Bが保持しています。お問合せはページ内にあるメールフォームをご利用ください。

筆者にメール

名前:
メール:
件名:
本文:

 
応援してください
★このサイトにチップを贈る
このサイトへチップを贈る
★ポチッと応援お願いします。
書く気力が沸いてきます。
アルファポリスで応援
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)で応援
にほんブログ村ランキングで応援
ランキングサイト
相互リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
Twitter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。