スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

215

215

 アキラが先導しようとすると、ショーツから伸びた縄が緩み、ユィナは慌てて犬のような四つん這い歩きになっていた。縄が性器に当たり続けるよう腰を使い引っ張り、自ら進んでご主人様より先を歩きはじめた。
「アキラ様ぁ、このまま果ててしまいそうです…」
 息づかいは荒く、さっきよりもせわしなく腰をくねらせ歩くユィナ。
「ダメだ! 逝くなよ、我慢しろ、俺の命令があるまではそのままだ、お前が淫らなのは前から知ってる、お前はメスなんだ、あのメスから生まれたただのメス犬なんだ! 誰のペニスでも受け入れる淫乱かーちゃんの娘! 分かってるのか? まだ、分かってないのか! こうしてやる! ギャハ」
 いやらしく歯茎をむき出しに笑うアキラ、握った縄をこれでもかと引っ張り、ユィナの体を仰け反らせ喜んだ。

 バスルームまでの道のり、アキラは急にトイレにユィナを連れ込んでた。
「キャッ」
 驚いたユィナ。
「犯す」
「あぁありがとうございます、あぁ、アキラ…様」
 一面に鏡の貼られた洗面台に手をつくユィナ、鏡の中の主を見て、しっぽを振り涎を垂らす犬のように喜び、スカートをたくし尻を高くすると、縄の這う股から柔らかい下着を引きちぎられた。
「こんなに欲しがってたのか!」
 太ももに垂れている幾筋もの蜜。ショーツの残骸は愛液でビショビショに濡れそぼり、卑猥な匂いを漂わせている。
「これがお前だ、おまえ自身。匂いを嗅げ! 好きな匂いだろう?」
 メス犬の顔に汚したショーツを、これでもかと押し当て、
「味わえ、おまえ自身を!」
 口にねじこんだ。
▼ポチッと応援してくださいね
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へ
にほんブログ村で応援
▼C.Bに面白かったらぷちカンパ
C.Bに面白かったらWebMoneyぷちカンパ
関連記事

テーマ : 官能小説
ジャンル : アダルト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カウンター

現在の閲覧者数:
はじめから読んでくださいね

■全ての記事・小説のバックナンバーを表示できます。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
プロフィール

C.B

Author:C.B
C.Bの恋愛官能小説ブログへようこそ。ここは。「ふたりの彼。玩具の私」と、その続編「妹と兄。そして震える母」の書庫になります。

■ご注意:当ブログの小説の無断使用はできません。著作権利は作者C.Bが保持しています。お問合せはページ内にあるメールフォームをご利用ください。

筆者にメール

名前:
メール:
件名:
本文:

 
応援してください
★このサイトにチップを贈る
このサイトへチップを贈る
★ポチッと応援お願いします。
書く気力が沸いてきます。
アルファポリスで応援
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)で応援
にほんブログ村ランキングで応援
ランキングサイト
相互リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
Twitter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。