スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

222

222
「あ? なに言ってるのか分からないな、あんなチャラチャラした奴らに俺が会いたいと思うか? 何が売れ線のバンドだ! あんなの糞だろ、クソ、クソの塊!」
 明らかに嫉妬しているアキラ。
「聞いてください! あの人、アキラ様とステージに立つのが夢なんです、いっぱいメールくれたんです! あたし会って来ます、お礼を言わなくちゃ」
「そんなことどうでもいい! お前が会いたいだけだろ? あいつらのちんぽ咥えたいだけだろ! ここに!」
 性器に指を入れられ、かき回されると、すぐに卑猥な音がトイレ中に響きはじめた。ユィナは、また果ててしまう勢いに、それ以上何も言えず声を押し殺した。その時だった、誰かが入ってくる気配にふたりは気づいたが、アキラの責めは続き、身悶えるユィナは肩を震わせアキラにきつくしがみつくと、また果ててしまっていた。
「お前は命令を守れなかった…、こともあろうに、目の前でも逝った、くすす。どうしようもないなぁ、これであの話もおじゃんだ、あいつらにも絶対会わせない!」
 アキラがユィナの耳に直接囁くと、ぐったりしてるユィナは開けられたドアから、すぐそこに居た背の高い男性の後姿に驚いてしまった。とっさに顔を伏せ、アキラに肩を抱かれ外へ連れ出されて行く。すると、なぜだかその男性のことが気にかかり、振り向きたくてたまらない衝動に駆られていた。
C.Bに面白かったら。WebMoney ぷちカンパ
▼応援してもらえると、書く気力が沸いてきます。
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へ
にほんブログ村で応援
関連記事

テーマ : 官能小説
ジャンル : アダルト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カウンター

現在の閲覧者数:
はじめから読んでくださいね

■全ての記事・小説のバックナンバーを表示できます。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
プロフィール

C.B

Author:C.B
C.Bの恋愛官能小説ブログへようこそ。ここは。「ふたりの彼。玩具の私」と、その続編「妹と兄。そして震える母」の書庫になります。

■ご注意:当ブログの小説の無断使用はできません。著作権利は作者C.Bが保持しています。お問合せはページ内にあるメールフォームをご利用ください。

筆者にメール

名前:
メール:
件名:
本文:

 
応援してください
★このサイトにチップを贈る
このサイトへチップを贈る
★ポチッと応援お願いします。
書く気力が沸いてきます。
アルファポリスで応援
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)で応援
にほんブログ村ランキングで応援
ランキングサイト
相互リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
Twitter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。