スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

225

225

 アキラは部屋へ戻ってからずっとジンを口飲みし、ブツブツと文句を垂れ、さっきからあけたり閉じたりしている左の拳に力を込めると、
「くそ! くそ! くそっ!」
 壁を叩き小さなテーブルを蹴り上げた。辺りに散らかる酒瓶やビールの空き缶たち。
「練習していたのですか?」
 帰って来たユィナが問いかけたが、チラッと見たギターはいつものように手垢一つ無く、壁に立て掛けられたまま、キラキラと光沢を放っている。
『アキラ様のギター、久しぶりに聞いてみたいです…』
 その思いを口にすることはなく、カオルに気づかれてしまったことは黙っておこうと決めていて、散らかった物の片付けをはじめた。
「奴らやっと静かになりやがった…」
 今は明かりの消えたテラス、会いに行きさえすれば会えていた”俺の親友”に、礼を言うことができず、ユィナの心も塞いでいた。
「帰れ、帰れ、二度と来るな! あのでかいボーカルも帰って行ったかな? なぁ、そんなことより、お披露目はいつにしようか? ふふっ」
 からかうように、彼女にまとわりつき、
「いつでもいいよな、お前に意思なんか無い…、全ては支配者が決める、お前の心を開く鍵は俺自身なのだから。くふふふふ」
「はぃ、ご主人様。『さっきトイレに居た人がRN!さんなんだ! きっとそう! あぁなんてこと…、会いたい…、あなたに会いたい…』」
 ユィナはそう直感し、兄の酒臭い息に顔を背けていた。
「それでいい、素直になれ。俺から逃げようなんて思うな、俺はお前の管理人。お前がどこに行ってもすぐ見つけるしな、そうだろう? おかしいと思ってるだろう? ギャハハハハ」
 酔った勢いで腹を押さえ転げまわるアキラ。そう、彼はユィナがどこに居ても、的確に場所を言い当て悪戯な指示でユィナを辱めていた。
▼C.Bに面白かったらぷちカンパ
C.Bに面白かったら。WebMoney ぷちカンパ
▼応援してもらえると書く気力が沸いてきます。
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へ
にほんブログ村で応援
関連記事

テーマ : 官能小説
ジャンル : アダルト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カウンター

現在の閲覧者数:
はじめから読んでくださいね

■全ての記事・小説のバックナンバーを表示できます。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
プロフィール

C.B

Author:C.B
C.Bの恋愛官能小説ブログへようこそ。ここは。「ふたりの彼。玩具の私」と、その続編「妹と兄。そして震える母」の書庫になります。

■ご注意:当ブログの小説の無断使用はできません。著作権利は作者C.Bが保持しています。お問合せはページ内にあるメールフォームをご利用ください。

筆者にメール

名前:
メール:
件名:
本文:

 
応援してください
★このサイトにチップを贈る
このサイトへチップを贈る
★ポチッと応援お願いします。
書く気力が沸いてきます。
アルファポリスで応援
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)で応援
にほんブログ村ランキングで応援
ランキングサイト
相互リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
Twitter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。