スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

227

227

「あたしに意思はありません、全てご主人様の意のまま、心のままに仕えます」
「ふふっ…」
「でも、お願いです。それだけはやめてくださいませんか…」
「どうして? オバちゃんたちは変態行為が大好き。ここは変態どもの集まる淫乱屋敷、至る所にSEX想わせるオブジェで溢れてる。若くて可愛いお前を差し出すんだ。大喜びすると思うが?」
 アキラは、ヒロミたちのことを内心”叔母ちゃん”と呼び、陰口を叩いていた。
「恥ずかしいからか? 理由を教えろ」
「…」
 ユィナは答えに詰まっていた。ヒロミが自分に与えてくれる愛情は感謝しても、感謝し尽くせない本物だと信じている。だが、彼女たちに浴室でした自慰を”あの部屋”から盗み見られているかもしれない、自分が性の対象にされているかもしれない、そして、今度こそアキラがこの家から追い出されてしまうのではないかという思いが交錯し、
『…第三者と関わってはいけない。でも、アキラ様の指示は必ず果たさなければいけない。でもでもそれは、ふたりだけだからできることなんだよぉ、ぁアキラ様あぁ!』
 自分自身も知らない快楽への門が、これ以上押し広げられることに恐怖していた。
「まさかお前、もうあいつらにやられたな?」
「そ、そんなことありません! 絶対に無いです!」
 食ってかかるユィナの険しく真剣なまなざし。
▼応援してもらえると書く気力が沸いてきます。
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へ
にほんブログ村で応援
▼C.Bに面白かったらぷちカンパ
C.Bに面白かったら。WebMoney ぷちカンパ
関連記事

テーマ : 官能小説
ジャンル : アダルト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カウンター

現在の閲覧者数:
はじめから読んでくださいね

■全ての記事・小説のバックナンバーを表示できます。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
プロフィール

C.B

Author:C.B
C.Bの恋愛官能小説ブログへようこそ。ここは。「ふたりの彼。玩具の私」と、その続編「妹と兄。そして震える母」の書庫になります。

■ご注意:当ブログの小説の無断使用はできません。著作権利は作者C.Bが保持しています。お問合せはページ内にあるメールフォームをご利用ください。

筆者にメール

名前:
メール:
件名:
本文:

 
応援してください
★このサイトにチップを贈る
このサイトへチップを贈る
★ポチッと応援お願いします。
書く気力が沸いてきます。
アルファポリスで応援
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)で応援
にほんブログ村ランキングで応援
ランキングサイト
相互リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
Twitter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。