スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

228

228
「ふ~ん? そうか、まぁ多分そうだろう。今回だけはお前の意志も聞いてやる。なにせ、お披露目だ。心から俺に仕え、感じまくるお前をたっぷりと見せてやらないとなぁ」
 彼女のそんな顔を見たのはえらく久しぶりだと、アキラは思っていた。
「お願いです!…
 それだけは止めてください!
 堪忍してください。
 お願い…。
 お願いします…。
 アキラ様ぁあああ!」
 兄にすがり、思いとどまらせようと必死なユィナ。枯れてしまったと思っていた涙が、後からあとから頬を伝っていた。
「泣け、泣け! もっと泣き喚け。お前がそうなればなるほど俺は興奮する! 容赦しない! まだまだ続くんだ生き地獄だ! お前が俺への愛を証明しない限り…」
『あきらさまぁあああああ! 愛してます! あいしてるんです! アキラ様ぁああ』
 喉が詰まり声に出せず、ずるずると床に打ちひしがれるユィナ、だった。
▼応援してもらえると書く気力が沸いてきます。
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へ
にほんブログ村で応援
▼C.Bに面白かったらぷちカンパ
C.Bに面白かったら。WebMoney ぷちカンパ
関連記事

テーマ : 官能小説
ジャンル : アダルト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カウンター

現在の閲覧者数:
はじめから読んでくださいね

■全ての記事・小説のバックナンバーを表示できます。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
プロフィール

C.B

Author:C.B
C.Bの恋愛官能小説ブログへようこそ。ここは。「ふたりの彼。玩具の私」と、その続編「妹と兄。そして震える母」の書庫になります。

■ご注意:当ブログの小説の無断使用はできません。著作権利は作者C.Bが保持しています。お問合せはページ内にあるメールフォームをご利用ください。

筆者にメール

名前:
メール:
件名:
本文:

 
応援してください
★このサイトにチップを贈る
このサイトへチップを贈る
★ポチッと応援お願いします。
書く気力が沸いてきます。
アルファポリスで応援
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)で応援
にほんブログ村ランキングで応援
ランキングサイト
相互リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
Twitter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。