スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

232

232
 深夜、妹は中でセッティングして待っていると言い含め、ヒロミを目的の部屋まで案内するアキラ、カオルはお酒やつまみを乗せたワゴンを押している。
「どこが会場なの? 映写室のステージならわざわざここ通らなくても」
 ヒロミが先を歩くアキラに聞いていた。
「とても良い場所とだけ言っておきます」
「え? どこ? どこだろう」
 検討もつかないという表情で、ヒロミとカオルが顔を見合わせていると、
「ここです」
 急に何もない所で立ち止まり、その壁を示したアキラ。
「え? ここ? ここかぁー、やられた! 秘密の場所なのにバレバレか、どうしようもない子たちねぇ、でもまぁ確かにここが一番素敵ではある。うふふっ」

 ブシュウ、ブシューと、二枚ある防音扉が空気を圧縮させるような音を響かせ閉じられると、すぐさま鍵をかけたアキラ。仄かな明かりの中、二人を椅子に座らせると、真正面に簡単な音楽用機材が置かれ、その後ろには天井から真紅の布が垂れ下がる、即席のテージが出来上がっていた。だが、そこには、肝心の楽器やマイクは見当たらなかった。
「娘ちゃんがんばって~、あぁなんか涙でてきそう」
 まだ登場していない養女は、きっと垂れ幕の裏に居るのだろうと声援を贈るヒロミは、ハンカチを握りしめ、シャンパンの栓が勢い良く弾けると、細長いグラスに注がれ気泡が揺らいだ。来賓に先に渡されると、アキラはグラスを掲げ挨拶をはじめた。
「来てくれてありがとう。今夜は、お二人の為に心を込めて歌います」
▼応援してもらえると書く気力が沸いてきます。
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へ
にほんブログ村で応援
▼C.Bに面白かったらぷちカンパ
C.Bに面白かったら。WebMoney ぷちカンパ
関連記事

テーマ : 官能小説
ジャンル : アダルト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カウンター

現在の閲覧者数:
はじめから読んでくださいね

■全ての記事・小説のバックナンバーを表示できます。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
プロフィール

C.B

Author:C.B
C.Bの恋愛官能小説ブログへようこそ。ここは。「ふたりの彼。玩具の私」と、その続編「妹と兄。そして震える母」の書庫になります。

■ご注意:当ブログの小説の無断使用はできません。著作権利は作者C.Bが保持しています。お問合せはページ内にあるメールフォームをご利用ください。

筆者にメール

名前:
メール:
件名:
本文:

 
応援してください
★このサイトにチップを贈る
このサイトへチップを贈る
★ポチッと応援お願いします。
書く気力が沸いてきます。
アルファポリスで応援
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)で応援
にほんブログ村ランキングで応援
ランキングサイト
相互リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
Twitter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。