スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

234

234
「欲しい、欲しいです! 皆様の前で犯してください。思う存分いたぶってください、アキラ様ぁ、早く、はやくぅうううドクンドクンした精子をいっぱいぶちまけてください、あたしはあなた様専用の肉便器! お小水も大便も受けます。マンコも、アナルもあっついょおおお、疼くヨォ、鞭で罰して! もっと痛めつけて、淫乱なあたしを戒めて、きつく仕置きしてください! ヒロミ様、あなたたちもどうかあたしを! あたしは、兄の所有物、兄の為だけに在る淫乱なメス犬、あたしはあなたたちが良く知るあの女の娘!」
 快楽の全てを覚えてしまったように、可愛い娘の口から吐かれる劣悪な言葉たち。悶え、苦しげに喚き散らし、口から垂れた涎がヒロミの手にかかっていた。
「そう…」
 やっと口を開いたヒロミが、吊られて苦しげな肉の塊を見ていた。
「いいのね?」
 コクンと頷くユィナに、
「きちんと返事なさい、 そのいやらしい口で!」
 声をきつめたヒロミ。
「はぃ」
 ユィナの潤んだ目。
「…降ろしなさい」
「了解です!」
 ジャッキの鎖をガラガラと巻き戻していくアキラ。手を伸ばせば触れる位置へ彼女が降りてくると、縛られ具合を、縄に指を通し診るヒロミ。グイグイと力を込めるたび娘の体は小刻みに跳ねては声を洩らし、這い回る縄に指を添わせ滑らせていくと、そこはヌラヌラと輝く蜜で溢れかえっていた。
『あぁ、なんていやらしい…』
 部屋の照明を明るくしたカオルが、ユィナの痴態をうかがうと、メス犬は眩しいと目を細めた。
「綺麗…、とても綺麗よユィナ…、上手いわね緊縛これならいい…。ユィナちゃん、シャンパン飲む? アタシ、ミィナにおしっこさせるのが大好きだった…。出るのを顔で受けながらゴクゴク飲んだり、なんて甘美なひと時だって感じながら悶えるの…、あなたのも飲みたい…、あなたは本当にミィナに似ている、まるでミィナそのもの…、でも、ミィナはアタシを捨てた。愛してたのに、あなたは…アタシを…」
▼応援してもらえると書く気力が沸いてきます。
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へ
にほんブログ村で応援
▼C.Bに面白かったらぷちカンパ
C.Bに面白かったら。WebMoney ぷちカンパ
関連記事

テーマ : 官能小説
ジャンル : アダルト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カウンター

現在の閲覧者数:
はじめから読んでくださいね

■全ての記事・小説のバックナンバーを表示できます。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
プロフィール

C.B

Author:C.B
C.Bの恋愛官能小説ブログへようこそ。ここは。「ふたりの彼。玩具の私」と、その続編「妹と兄。そして震える母」の書庫になります。

■ご注意:当ブログの小説の無断使用はできません。著作権利は作者C.Bが保持しています。お問合せはページ内にあるメールフォームをご利用ください。

筆者にメール

名前:
メール:
件名:
本文:

 
応援してください
★このサイトにチップを贈る
このサイトへチップを贈る
★ポチッと応援お願いします。
書く気力が沸いてきます。
アルファポリスで応援
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)で応援
にほんブログ村ランキングで応援
ランキングサイト
相互リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
Twitter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。