スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

235

235
 かつて愛した女と、養女がだぶりはじめてしまったヒロミの息が荒くなっていた。乱れる息に胸が上下し、怒りに満ちはじめていた目が、蕩けたように揺らぎはじめた。
「シャンパン」
 伸ばすその手にアキラが満たしたグラスを握らせると、長身のヒロミがユィナに追い被さっていく。
「飲みなさい、拒否できないのでしょう? アタシのしたいことはアキラの命令と同じ…、あなたが望んだこと…」
 ユィナの頬に手をあてたヒロミが、
「飲みなさい、飲むの!」
 綺麗に塗られた真っ赤なルージュをぐちゃぐちゃにしながら、口を無理やりこじあけ、シャンパンを注いだ。
『あぁ』
 コクコクと飲むユィナのしなやかな喉が動き、こぼれ滴る酒を指ですくい舐め、にんまり微笑むヒロミはシャンパンを口に含み、口移しで飲ませようとすると、ユィナは目を瞑り委ね、唇が触れようとした瞬間、
「あたしはミィナじゃない…」
 と、呟いた。
「あぁあああ!」
 その言葉に目を見開き、わなわな震えながら娘を凝視しているヒロミ、後ろでアキラが喚きはじめていた。
「女を覚えろ! 男は絶対にダメだ! だが女ならいい、ヒロミさんに可愛がってもらえ! カオルさんもユィナを調教してくれ、プロ並のテクを仕込んでやってくれよぉ、あんたらならできるだろう?」
 興奮しいきり立ち、熱くてたまらず上半身裸になったアキラの体に汗が滲み、彼がジーンズの大きく盛り上がった股間を触っているのを見たヒロミは、カオルに目配した。するとカオルは、アキラのベルトを背後から引き抜き始めた。
「おっ、乱交パーティの始まりか?」
▼応援してもらえると書く気力が沸いてきます。
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へ
にほんブログ村で応援
▼C.Bに面白かったらぷちカンパ
C.Bに面白かったら。WebMoney ぷちカンパ
関連記事

テーマ : 官能小説
ジャンル : アダルト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カウンター

現在の閲覧者数:
はじめから読んでくださいね

■全ての記事・小説のバックナンバーを表示できます。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
プロフィール

C.B

Author:C.B
C.Bの恋愛官能小説ブログへようこそ。ここは。「ふたりの彼。玩具の私」と、その続編「妹と兄。そして震える母」の書庫になります。

■ご注意:当ブログの小説の無断使用はできません。著作権利は作者C.Bが保持しています。お問合せはページ内にあるメールフォームをご利用ください。

筆者にメール

名前:
メール:
件名:
本文:

 
応援してください
★このサイトにチップを贈る
このサイトへチップを贈る
★ポチッと応援お願いします。
書く気力が沸いてきます。
アルファポリスで応援
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)で応援
にほんブログ村ランキングで応援
ランキングサイト
相互リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
Twitter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。